エンパイア777の初回入金ボーナスはいくら?金額は?

初回入金ボーナス

ボーナスを活用すると初期費用の節約に

オンラインカジノでは、一定の条件をクリアすると、カジノを運営している会社からボーナスを受け取ることが可能です。
このボーナスは、ゲームに賭けるチップとして利用することが可能な現金のことを指します。

中でもオンラインカジノをプレイし始めたばかりの利用者は、初期投資することができる資金を、あまり確保できないことが多く、より楽しんでプレイをして貰う為に、カジノ側から初回入金ボーナスを貰うことができる場合が多いんです。

受け取るかどうかは本人の自由となっていますが、ボーナス条件のシステムを充分に理解して活用すれば、最初の入金金額を安く抑えて、ゲームを楽しみながら儲けを増やすことが可能な、絶好の機会でもあります。

エンパイア777の初回入金ボーナスは、入金金額に対して最も多い場合で77ドルまでは100パーセントキャッシュバックされます。

ですのでエンパイア777に30ドル入金したら、30ドルが初回入金ボーナスの金額となります。

エンパイア777の初回入金ボーナスの金額

ボーナスの金額

エンパイア777で初回入金ボーナスを貰うためには、最低でも30ドル以上入金する必要があるため、金額は30ドルから77ドルまでの間ということになります。

そして入金手続きを済ませたら、24時間以内にボーナスを受け取るための申請をすることが必要です。

またボーナスとして受け取った金額に応じて、出金するための条件が変わってきますし、更にチップを賭けるゲームの種類によっても変化するのです。

ですので、「あえて初回入金ボーナスを貰う為の申請を行わないで、出金するための条件が厳しいスロットマシンを楽しむ」という方法もあります。

入金をして、「あえてボーナスを受け取る申請をしなければ、出金するための条件を満たす必要がなくなる」のです。

そのため自分の都合の良いタイミングで、出金することができる様になります。

エンパイア777の出金するための条件

テーブルゲームやライブカジノをプレイする場合は、ボーナスの9倍の金額を投入しないと出金することができません。

テーブルゲーム以外のスロットなどのゲームをプレイする場合は、ボーナスの30倍の金額を投入しないと出金することができないようになっています。

例えば、最初に60ドル入金して同じ金額のボーナスを受け取って、テーブルゲームに賭ける場合は、60ドルの9倍の540ドルを入金しないと出金できません

最初に60ドル入金して、同じ金額のボーナスを受け取る申請を行い、スロットマシンにチップを賭けていた場合は、60ドルの30倍である1800ドルを入金しないと出金できないことになります。

エンパイア777で、ボーナスを貰った上でカジノゲームをプレイするのであれば、テーブルゲームやライブカジノが最も出金しやすいということになります。

まとめ

Rin
エンパイア777に最初に入金すると、30ドルから77ドルまでの範囲内になりますが、入金した金額と同額分のボーナスを受け取ることができます。

ただし、受け取るためには申請が必要で、申請をすると出金するための条件が設けられることになるのです。

ですので、自分の行いたいゲームの種類や、どのぐらいの段階で出金したいのかを、よく考えて申請する必要があります。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG