オンラインカジノのライセンス情報をチェックするには

各オンラインカジノのライセンス

どんなカジノでも、サポートは基本的に親切

日本語サポートは親切

オンラインカジノの善し悪しを見極めることについては、そのサポート対応が丁寧かどうかということが、優良カジノと判断するポイントのひとつであるといえます。

しかし実際のところ、悪質・違法なカジノでも、サポートチームは丁寧で親切な場合が多いのです。

一例を挙げると、どのオンラインカジノでも、サポートに入出金方法やプレイ手順などを問い合わせれば、どこのカジノでも自社システムの登録や使用方法を、親切丁寧に教えてくれるはずです。

当然ですよね、悪質なカジノであってもプレイヤーには入金して、遊んで貰いたいんですから。

その様なカジノに引っ掛からない為にも、遊ぼうと思っているオンラインカジノに不安を感じれば、ライセンス情報や企業情報等をチェックすべきです。

ライセンスチェックの仕方は

もともと、優良なカジノは公式サイト内に、運営情報(※企業名、本社所在地等)や、ライセンス情報(※カジノライセンスの発行元や登記番号)が記載されています

サイトでそうした記載が見つけにくければ、サポートチームに問い合わればいいでしょう。
運営企業の情報やライセンス情報も、何ら問題なく教えて貰えるはずです。

また、一般的に公式サイト内のライセンス発行元のロゴシールをクリックすれば、ライセンス情報を確認できるサイトが多いんです。

一例としてベラジョンカジノで説明してみます。

画像は、ベラジョンカジノ公式サイトのトップページ最下部に表記されている、マルタライセンスシールとライセンス情報・運営企業情報になります。

矢印で指している「ロゴ表記」を見れば、ベラジョンカジノのカジノライセンスは、マルタ共和国のマルタゲーミングオーソリティー(MGA)を取得していることが分かりますね。

またロゴシールの右側の枠内には、ライセンス情報・運営企業情報が記載されています。

ライセンスシールをクリックしてみる

更に、取得ライセンスをの詳細を確認する場合には、このライセンスシールをクリックしてみて下さい。

オンラインカジノの多くで、サイト掲載されているライセンスシールをクリックすると、カジノライセンス発行元の公式サイトにアクセスできますし、そこから更に詳しいライセンス情報を確認することが可能です。

ベラジョンサイトでも、ライセンスシールをクリックすれば、下記画像が表示されます。

マルタライセンス

これは、マルタゲーミングオーソリティー(MGA)公式サイト内の、ベラジョンカジノのライセンス情報です。

ベラジョンカジノも、現在もしっかりと「マルタライセンス」を取得していますね。

どのカジノでも、こうした流れで取得している「カジノライセンス」を、あなた自身がチェックしていくことができます。

まとめ

Rin

こうした表記は、通常のオンラインカジノであれば当然なのですが、悪質なカジノでは、ライセンスシールを掲示していない、或いは掲示していてもクリックできない場合が多いんです

またクリックできたとしても、ライセンス発行元とは関係のないページにリンクされていることがほとんどです。

こうした知識を持っていれば、あなた自身がオンラインカジノで遊ぶ際に、安全性や健全性をチェックする為の大きな判断材料となります

信頼できるランキングサイト等での紹介以外では、初心者ほど慎重に判断すべきですね。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG