オンラインカジノの信頼性


オンラインカジノの信頼性

オンラインカジノを始める上で、最も気になるのが、その「信頼性」だと思います。
つまりは、誰もが気になっているのが、

カジノサイトは怪しくないのか?安全なのか?

ってことです。

こうした疑問と共に、プレイヤーは実際にお金を賭けますから、イカサマ等がないのか等も、気になる方は多いはずです。

現在、日本ではまだあまり浸透していない「オンラインカジノ」ですが、実はヨーロッパ等の国々では非常に盛んで、とても人気があります。

オンラインカジノ本体が、サッカー等のスポーツチームのスポンサーを勤めていることもあれば、オンラインカジノをテレビCMや広告で見かけることも多いんです。

基本的にオンラインカジノは、そのアンダーなイメージを払拭し、娯楽産業として健全に運営されることを目的とする為に、運営審査がとても厳しくなっており、とても安全な業界となっています。

ここで、オンラインカジノとプレイヤーを取り巻く要素を分かりやすく図で見てみましょう。

【オンラインカジノ運営を取り巻く環境】

カジノ運営図

上の図からわかる通り、プレイヤーが直接関わるのは「オンラインカジノ運営会社」「決算会社」のみとなっています。

一方、オンラインカジノは、ライセンスを「各国政府」から取得し、提携した「ソフトウェア会社」からゲームソフトを提供されて、カジノ運営をしています。
※オンラインカジノが、ゲームを開発しているという訳ではありません。

オンラインカジノは、提携しているソフトウェア会社が開発したゲームを、プレイヤーに提供しているんですね。

そして「審査機関」が、オンラインカジノの運営と、ゲームソフトを開発するソフトウェア会社に不正等がないか、継続して厳しくチェックをしているんです。

数多いオンラインカジノ業者の中には、悪徳業社が潜んでる可能性もゼロだとは思いません。

しかし、一部の悪意ある者が存在することは、どの業界でも言えることであり、そうした業者に引っ掛からない為にも、信頼できるオンラインカジノを選び、そうでない場合には、所有するライセンスの確認等を怠らない事が賢明です。

当然、ライセンス確認と共に、オンラインカジノの口コミをチェックするなど、あなた自身で自衛を心掛けることも必要です。

オンラインカジノは、政府から運営許可(ライセンス)を受けて運営しているのが大前提です。

当然ライセンスを取得するには、会社の経営状態や運営審査、使用ゲームプログラムの適正検査など、厳しいサービス基準をクリアしなければなりません。

こうした信頼性を担保する為に、多くのオンラインカジノは、より取得が厳しいライセンスの獲得を目指しています。

現在、ライセンスなしで運営をしているオンラインカジノを見ることは、ほぼないと言えますが、ライセンス掲示のないオンラインカジノでプレイするのは辞めましょう。

また、こうしたライセンスとは別に、多くのオンラインカジノが独立した第三者機関(eCOGRAやTST)の審査を、定期的に受けています。

第三者機関の審査では、オンラインゲームの公平性や、サービスの安全性が厳しくチェックされています。

 

まとめ

Rin

オンラインカジノが世に出てきた当初(1990年代)は、イカサマを行うオンラインカジノも結構存在していた様です。

しかし現在は、オンライカジノ側でも、厳しいライセンスを取得したカジノ運営をする事が、娯楽施設として安心してプレイヤーに遊んで貰う最低条件である、として、既にそれが「常識的な運営基準」となっています。

ただ、どの業界でも言えることですが、中には悪徳業者等も存在する可能性は否めません。

信頼できるサイトを経由して遊ぶのであれば大丈夫ですが、基本的にオンラインカジノをプレイする際には、私達自身もライセンスや風評を含めた確認を怠ることを忘れないようにしましょう。

>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG