カジ旅の最低賭金条件は?

カジ旅の賭金条件は?

魅力的なオンラインカジノ「カジ旅」!

あなたは、「カジ旅」というオンラインカジノをご存知でしょうか。

2015年に誕生したこのカジ旅の最大の特徴は、世界初のロールプレイングゲーム型カジノであるという点です。

今までのオンラインカジノは、純粋に様々なカジノゲームだけを楽しむというものでしたが、ここはカジノゲームを楽しみながらプログレスバーという目盛りを溜めて行き、それぞれのステージを攻略して、最後にボスキャラと対戦するという形式をとっています。

道中で手に入れたルビーなどのカジノ内通貨や、フリースピンを駆使しながら、様々なミッションを攻略していくという斬新な楽しみ方が出来るカジノになります。

ロールプレイングゲーム部分はもちろん、カジノゲーム自体にも最新の技術が取り入れられハイクオリティのゲームが楽しめますし、グラフィックや演出の部分にも力が入っているのも特徴です。

気になる最低賭金条件は?

最低賭金条件

カジ旅の情報に関して様々な項目を知りたいと思いますが、その中でも特に最低賭金条件について知りたいですよね。

どのカジノでプレイするにしても、各種ボーナスを出金する為の最低賭金条件は、必ず知っておきたい重要な点になります。

最低賭金条件は、どのゲームをプレイするかにもよって条件は異なりますが、カジ旅の最低賭金条件は「40倍」になっています。

カジ旅においてカウント率が最も高いゲームはスロット等で、率は100%になっています。
以下、ブラックジャックやポーカー等で10%ルーレットやバカラ等では5%となっています。

ボーナスを出金したいという場合には、ゲームを見極める必要があります。

単にカウント率が高いというだけでなく、自分の得意な勝ちやすいゲームを選んだりと、冷静にゲームを判断することが大事になります。

ボーナスの使い方は人それぞれ!

入金不要ボーナス

そうした最低賭金条件を達成し、ボーナスを出金させようとするのも良いですが、ボーナスには色々な使い道があります。

それはカジノ内のゲームで、色々な練習に使うという手です。

カジ旅を始めたばかりなら、カジ旅の世界観などに慣れるため、多くのゲームをこなしていくのに使う、という消費の仕方もありますね。

また、様々なカジノの必勝法と言われる理論の実践のために使うという人もいるようです。

マーチンゲール法などに代表される必勝法でどこまで稼げるのか、自分に合った理論はどれかなどと言う実験に利用するというのも悪くありません。

ボーナスを無理に出金しようとすると、逆につぎ込む必要のない資金を入れてしまい、かえって損をしてしまうという事になってしまう可能性があります。

その様な事が無いよう、発想の転換をすることも重要です。

まとめ

Rin
カジ旅のボーナスの最低賭金条件は、「40倍」であることは分かりましたね。

またボーナスには、30日間の有効期限があるので、早めに使い切るようにしましょう。

その際は無理に出金しようとせず、カジ旅に慣れるためなどに使う、などという選択肢を必ず入れておきましょう

ボーナスなどは、大きく儲けるための勉強資金と考え、最終的に利益を出せればよいという大局で物を見る様にする方が、結果的に大きく稼ぐきっかけとなることも多いんですね。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG