ジャックポットシティカジノのライブバカラは魅力一杯!テーブルリミットについても解説します。

ジャックポットシティ|ライブバカラのテーブルリミット

ジャックポットシティカジノのライブバカラ

ライブバカラ

スロットを始めとして、ライブカジノを得意とするジャックポットシティカジノは、ライブバカラにも定評があります。

ジャックポットシティカジノでは、全部で15ものテーブルを用意していますから、好きな時に何時でも本場のバカラが体験できます

バカラは初心者でも覚えやすいルールが特徴で、連続して長時間楽しめますし、ゲームの奥深さを味わえるのがポイントです。

また、ジャックポットシティカジノでは、優れたディーラーと対戦できるので、ゲームの面白さがより大きくなります

ゲームの種類は5つで、最も基本的なバカラの他にも、スピードバカラバカラスクイーズ等が用意されています。

コンピュータ相手のテーブルもありますが、こちらは3つと2つの種類のみなので、やはり本格的に遊ぶなら、ライブバカラが狙い目でしょう。

ライブで進行するバカラは、緊張感や感情の変化をもたらしますから、コンピュータを相手にするよりも、臨場感を持って楽しめます。

ライブバカラのテーブルリミット

ジャックポットシティのテーブルリミットは

ジャックポットシティカジノのライブバカラは、テーブルリミットが最小1ドルで、最高5,000ドルまでとなっています。

つまり、5,000ドルという大きなベットが可能なので、ハイローラーなプレイヤーでも十分に楽しむことが可能です。

勿論、1ドルから遊べる手頃さも兼ね備えているので、下限の低さと上限の高さが多くの人にとって魅力となり得ます。

最高5,000ドルのテーブルリミットは、テーブルや種類を問わず共通しているので、好きなタイミングでテーブルを移動したり、異なるゲームに挑戦できます。

流石に上限の5,000ドルを賭ける人ばかりではないですが、例えば少し多めに10ドル以上を賭けたり、思い切って100ドルで挑戦するといった、遊びの幅があります

それを実現しているのが、まさにジャックポットシティカジノが余裕を持たせて設定した、テーブルリミットという訳です。

ジャックポットシティカジノはバカラが魅力

ジャックポットシティカジノには魅力的なゲームが沢山ありますが、「バカラ」もまた魅力あるゲームの1つです。

バカラは数字を競い合うゲームで、配られたトランプカードの合計が、9に近い方が勝つシンプルなルールです。

合計21を目指すブラックジャックに近いですが、バカラは下1桁の合計で競う点が違います。

更に、ディーラーと直接対決するというよりも、仮想的な人物のいずれかに賭け、勝敗を予想することもまた大きく異なる点ですね。

ジャックポットシティカジノは、バカラをライブバカラでもっと魅力的に、そして楽しく提供してくれます。

テーブルの数にルールの種類と、テーブルリミットの幅やディーラーの質など、どこを取ってもレベルが高いです

初心者も上級者も、好きな様に楽しめる懐の深さがあるので、そこに老舗のジャックポットシティカジノらしさが出ています。

まとめ

Rin
ジャックポットシティカジノは、ビデオスロットとライブカジノに力を入れ、後者においてはバカラが充実しています。

テーブル数と多様なルールに、テーブルリミットは5,000ドルの上限までと、隙を感じさせない力の入れ具合です。

ジャックポットシティカジノは、ライブカジノでバカラの魅力を余すことなく引き出していますから、しっかりバカラで遊びたい方にも最適のカジノです。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG