ジャックポットシティカジノが取得しているライセンスの種類

カジノライセンス

2種類のライセンスを取得している

ジャックポットシティカジノは、カナワケとマルタ共和国という2種類のライセンスを取得しています。

そして、ジャックポットシティカジノのマルタ共和国から取得したライセンスは、様々なカジノライセンスの中でも特にサーバーの高い安定性とセキュリティーの高度さが求められ、取得するための条件が特に厳しいとされています。

ですので、ジャックポットシティカジノでは、プレイヤーは安心してカジノを楽しむことができます

ジャックポットシティカジノでは、ネットカジノゲームプレイの公正さを遵守し、eCOGRAが定めた規制に適合していることを示している認定マークを取得しており、運営面でも安心して遊ぶことが可能です。

またジャックポットシティカジノは、創業されたのが1998年の「老舗」オンラインカジノとなっています。

日本国内では、まだあまり良く知られていませんが、欧州の大企業の傘下で運営されているカジノなので、メディアにも良く取り上げられていて、欧州では認知度が高いオンラインカジノです。

ゲームの種類が豊富で高額当選の可能性も

ジャックポットシティカジノは、マイクロゲーミング社が提供するカジノゲームで遊ぶことが可能です。

マイクロゲーミング社が提供するカジノゲームは、非常に多くのオンラインカジノで採用されているソフトウェアになります。

高品質な音声とグラフィックは、利用者たちからの評判が非常に良いです。

その上にマイクロゲーミング社では、有名な映画作品をテーマにしたビデオスロットが楽しめるのも、人気がある理由になります。

そして、それらのカジノゲームの中でもプログレッシブスロットが注目を集めているのです。

このスロットには、ジャックポットシステムが採用されているので、賞金が多額になりやすく、初めての人でも高額な賞金を獲得出来る機会があるために人気で、おすすめできるゲームです。

場合によっては、億単位の賞金を獲得することが可能な場合もあるんです。
夢がありますよね!

イベントが頻繁に行われている

ウェルカムボーナス」が非常に多いジャックポットシティカジノですが、それ以外にも様々なプロモーションイベントが数多く提供されています。

定期的に行われるイベントでは、ボーナスを受け取る事が可能なだけではなく、フリースピンが受け取れる場合もあるのです。

ゲームが新たにリリースされた場合などに、フリースピンを貰える事があり、受け取ったフリースピンで他の種類のカジノゲームに使う事もできます。

上手く利用すると、非常にリーズナブルにゲームを楽しむ事が可能です。

毎日受け取る事が出来るデイリーボーナスや、それぞれのプレイヤーにプレゼントのお知らせが直接届く事もあります。

それぞれのプレイヤーのプレイスタイルに応じてボーナスが届けられるのも、このジャックポットシティカジノの楽しみ方の1つです。

随時、ペイアウト率が最近高まったゲームなどといった情報も公開しているため、戦略を立てて遊ぶことが出来ます。

まとめ

Rin

ジャックポットシティカジノは、2種類ものライセンスを取得し、厳しい審査に通過しています。

サーバーが安定していて、セキュリティーも高度なオンラインカジノです。

また540種類以上もの、多様なカジノゲームで遊ぶことができます。

ゲームの種類が豊富なことも、ジャックポットシティカジノの大きな魅力の1つです。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG