ジャックポットシティカジノのハイローラー仕様ライブバカラの特徴

ハイローラー仕様ライブバカラの特長

ジャックポットシティカジノの特徴

高額配当のジャックポットで有名なジャックポットシティカジノは、スロットゲームに定評があります

しかし、実はライブバカラを始めとしたライブカジノも人気で、更にハイローラー向けまで用意されています。

サポートや信頼性がとても高く、入出金のハードルの低さにボーナスまで、とにかくトータルで高い評価を受けています。

また、一方ではVIP対応のレベルの高さも特徴的で、より大きく遊べたり、一般と比べて桁違いの配当が得られます

勿論、基本は資金に合わせた無理のないプレイですから、高額な資金がなければ遊べないということはないです。

むしろ、少額資金でも楽しく長く遊べるのが、ジャックポットシティカジノの良いところだといえます。

スマホでプレイできる手軽さなので、手元の端末で本格的なゲームが遊べる、そういったオンラインカジノとなっています。

ハイローラー仕様のライブバカラ

ジャックポットシティカジノのライブバカラは、ハイローラー仕様で大きなベットが可能です。

そのため、VIPの間でも人気がありますし、通常とは異なる興奮の時間を過ごすことができます。

ハイリスクハイリターン、それを承知でより興奮度の高いバカラを楽しみたい場合は、ジャックポットシティカジノが狙い目です。

大きく遊べばVIP特典のチャンスが得られますし、フリースピンやボーナスがより多く受け取れます

24時間体制の手厚いサポートもついてくるので、まさにリアルカジノのVIPルームで遊ぶようなイメージです。

ハイローラー仕様のライブバカラは、入金ボーナスやポイントサービスの特典が大きくなりますから、結果的にジャックポットシティカジノの遊び全体が充実します。

カジノクレジットに換金できるロイヤリティポイントも貯まりやすくなるので、ハイローラー仕様は実に魅力的です。

バカラ好き向けジャックポットシティカジノ

ハイローラー

ジャックポットシティカジノが提供するライブバカラは、ディーラーを目の前に置いて、本格プレイが楽しめます。

ルールがシンプルで、初めてでも楽しく遊べるのに奥が深い、それがバカラという不思議な魅力を持ったゲームです。

ジャックポットシティカジノのライブバカラが他と違うのは、映像品質が高く臨場感に優れていて、しかもハイローラー仕様というところです。

高額配当のチャンスが増えたり、配当金の受け取りがスムーズに行えるなど、VIPと評価されやすくなる切っ掛けが手に入ります。

純粋に遊ぶだけでも楽しめますし、当然ながら限られた資金の中でも、ジャックポットシティカジノらしい盛り上がりが楽しめるでしょう。

初めてバカラに挑戦する人も、遊びながらルールやコツが学べますから、実践を通してゲームの魅力や楽しみ方が分かります。

 

まとめ

Rin

ジャックポットシティカジノは、スロットだけでなく、ライブカジノも種類が多く、バカラまで取り揃えられています。

しかも、バカラはVIP向けの仕様もあるので、大きく賭けて巨額なリターンに期待できます

通常の規模のベットでは物足りない、そういう不満を感じ始めた人にこそ、ジャックポットシティカジノは楽しめる場となります。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG