ジャックポットシティカジノの出金上限を無制限にする方法はある?

ボーナス出金

ジャックポットシティカジノの良さ

ジャックポットシティカジノはマルタ共和国だけでなく、カナダのカナワケからもライセンスの発行を受けています

特に
マルタ共和国はライセンスの取得が厳しく、厳格な審査基準をクリアしなければ認められません

しかし、それを取得しているジャックポットシティカジノは、まさに一流のオンラインカジノといっても過言ではないでしょう。

創業1998年で約20年の実績がありますから、2つのライセンスを有しているのも納得ですし、老舗として一目置かれるのも頷けます。

ところが、ジャックポットシティカジノは、老舗とは言っても決して古臭くはなく、むしろ洗練されていてサービスの質が高いんです。

ライブカジノも用意していますし、優に500を超えるゲームが提供されますから、安心して好きなだけ遊べるのがジャックポットシティカジノの魅力です。

ジャックポットシティカジノの出金上限

ジャックポットシティカジノにおける出金上限は、基本的に無制限でいくらでも引き出せます。

ただ、ボーナス類には出金上限がありますから、流石に無制限とはいきません

ボーナスに出金上限がある理由は、やはり不正な取得が発生する恐れと、損失の原因になってしまうからです。

また、最少出金額未満を引き出そうとしたり、出金可能な金額以上を引き出そうとすると、手続きは不可能になります。

ジャックポットシティカジノでは、アカウントの残高イコール引き出し可能額ではないので、この点に注意が必要です。

出金可能金額はアカウントによって違うので、申請ページにある上限額を確認しましょう。

そもそも、本人確認を済ませていないと受け取れる額は0ですから、少なくとも書類を提出して確認を受けることが必要不可欠だといえます。

出金上限を無制限にする方法

ジャックポットシティカジノで出金上限を無制限にするには、いくつかの条件をクリアする必要があります

本人確認書類の提出はいうまでもありませんが、ボーナス分を出金するための条件を満たすことも大切です。

無制限にする条件は、受け取ったボーナスの50倍以上の金額で遊ぶことで、この条件を満たすまでは出金に制限が掛かります。

更に、プレイするゲームによって金額がカウントされませんから、事前に確認して遊ぶことが重要です。

ただし、24時間あたり10000英ポンドという上限は回避できないので、完全に無制限にするのは難しいです。

でも、日本円にすると127万円弱ですから、1日にこれだけの金額を引き出せれば十分と考えることができるでしょう。

いずれにしても、ボーナス分を除いて実質的に上限は殆どないも同然なので、制限を取り除くハードルは低いです。

まとめ

Rin

ジャックポットシティカジノは、厳しい審査を受けて2つのライセンスを持ち、それから現在まで安定した経営を続けている、とても信頼できる厳格なオンラインカジノです。

厳格といえば出金の条件もそうですし、本人確認が必須で、ボーナス分の引き出しには、金額にして50倍のプレイが必要となっています。

その他の条件はほぼなく、24時間に10000英ポンド(※127万円弱)を超えなければまず大丈夫です。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG