ジャックポットシティカジノの出金限度額と出金方法の流れ

ジャックポットシティカジノの出金限度額

1998年より運営を開始された、オンラインカジノのジャックポットシティカジノは、信頼性の高いカジノとしても人気があります。

日本人向けのサービスも充実しており、入出金体制を含めたそのサポートは、これまでの運営方針の手堅さから、プレイヤーの評価がとても高いカジノです。

ジャックポットシティカジノのカジノゲームでも、スロットなどで大当たりをした場合には、高額当選する可能性があります。

高額当選をした場合には、プレイヤーは、すぐに出金を検討されることも多いですよね。

ジャックポットシティカジノでは、他のオンラインカジノと違って出金限度額が存在しないので、いつでも一括で出金手続きを行うことができます

もっとも、勝負で高額の賭け金をベットした場合でも、配当率によっては高額な配当金になる場合も存在します。

そういった場合でも、出金限度額が存在しないので、安心して出金できるのも魅力的です。

ジャックポットシティカジノの出金方法

ジャックポットシティカジノを利用する場合、その出金方法はエコペイズからのみ対応することが可能です。

入金には、クレジットカードオンラインバンキングなどを利用することが可能ですが、出金には対応していないこともあり、今のところはエコペイズを利用することできます。

自分のアカウント内に存在するメニューから「引き出し」を選択し、出金したい金額を入力して、「次へ」のボタンを押下します。

「エコペイズ」を選択して必要な情報を入力すると、確認画面になるため、「引き出し」をクリックすることで出金手続きをすることが可能です。

あとは、エコペイズにジャックポットシティカジノから入金されるので、それを操作して自分の引き出しやすい金融機関を選択し、入金手続きを行うことで完了することになります。

ジャックポットシティカジノに限らず、他のオンラインカジノでもエコペイズを経由して出金できるパターンが多いです。

出金の際には注意点が存在

ジャックポットシティカジノは、無制限に金額を払い出しすることができるオンラインカジノです。

エコペイズを利用すれば、アカウントからも直接的にそこに入金する手続きを行うことができ、簡単に払い出しを行うことができます。

注意点については、登録時にウエルカムボーナスを貰った場合には出金条件があり、貰ったボーナスの50倍をボーナス獲得する必要があります

また除外ゲームがあるので、それに該当する場合には換算されないので注意が必要です。

もっとも条件をクリアした場合には、一日の出金限度額を特に設けていないので、いつでも引き出しすることもできます

例えば残高が1000ドルあればそれを一気に全額引き出すこともできるし、毎日10ドルずつ引き出すことも可能です。

出金限度額を設けていると、カジノサイトの運営自体に不安を感じるケースもありますが、そうした出金限度額がないことからも、ジャックポットシティカジノは安心できるオンラインカジノだと言えます。

まとめ

Rin

ジャックポットシティカジノの魅力は、まず出金制限が存在しない点とエコペイズを利用することで、簡単に出金手続きが可能となる点です。

いつでも払い出したい金額を無制限に払い出すことができる点で優れており、高額当選をした場合にはすぐに出金することもできます

自由な金額を制限なしに、いつでも払い出すことができれば、より資金を得られた充実感を感じますし、よりゲームを楽しむことが可能ですよね。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG