ジャックポットシティカジノの最低入金額と入金限度額

ジャックポットシティカジノはスロット豊富

ジャックポットシティカジノはその名の通り、ジャックポットのあるスロットゲームが豊富なカジノです。

オンラインで自由に楽しめるサービスなので、スロット好きにとって、とても魅力があるといえるでしょう。

また、プレイヤーの楽しみでもある、ウェルカムボーナスに入金ボーナスまで勢揃いですから、プレイヤーを楽しませてくれる特典が散りばめられています。

それに、特典つきプロモーションも充実しているので、ジャックポットシティカジノは、本当にお客を喜ばせるのが上手なサービスです。

ゲームは常時500種類以上あり、そのどれもが高品質なゲームばかりです。

入金にはecoPayzやクレジットカードに対応していますから、手元にある便利な方法で簡単に入金が可能。

日本語対応にメールとライブチャット、それに電話対応もありと、隙のなさが際立ちます。

まさに「オンラインカジノの鏡」的なサービスですから、多くの人達に選ばれていて、人気があるのも納得です。

ジャックポットシティカジノの最低入金額

ジャックポットシティカジノにおける最低入金額は、ecoPayzだと10ドルとなっています。

他の入金方法についての記載はありませんが、ecoPayz以外の電子決済やクレジットカードも同様に、最低10ドルからと捉えるのが無難でしょう。

そもそも、オンラインカジノに限らず、カジノはある程度資金を用意して楽しむものなので、大抵の場合は10ドル以上用意するはずです。

これが最低100ドルとなれば、資金と相談して遊ぶのを諦めることもあり得ますが、10ドルなら問題にならないラインです。

更に、プレイヤーは入金ボーナスが受け取れるのがジャックポットシティカジノの良さなので、まとまった金額を入金した方が結果的にお得となります。

実際にゲームを遊び始めると10ドルでは物足りなくなるので、もう少し資金を確保して挑戦したいところです。

ジャックポットシティカジノの入金限度額

対する入金限度額は、入金を行うフォーム内に表示される金額が上限となります。

これは過去の利用実績と信用によるので、人によって入金限度額が異なります

最初は2万ドルくらいのスタートですが、大抵は不足の心配がいらないほどの金額だと思われます。

むしろ使い過ぎの方が気になるほどですから、心配な人は入金限度額に制限を加えるのが賢明です。

入金をし過ぎたり、ついついプレイしてしまう場合は、日本語サポートに連絡して入金額に制限を掛けてもらうことができます

日本語サポートは電話とメール、それにライブチャットが用意されているので、いずれかの方法で問い合わせましょう。

逆にプレイヤーの入金限度額を上げるのは、ジャックポットシティカジノ側の判断次第なので、何ともいえないですね。

サポートに相談してみる余地はあるものの、希望を受け入れてもらえるか否かは、実際のところ個別案件とも言えますので、未知数です。

まとめ

Rin

ジャックポットシティカジノは、魅力的なスロットを取り揃えるオンラインカジノで、ボーナスやプロモーションが沢山用意されています。

最低入金額は10ドルなので、無理のない範囲で資金を用意して、本格的なゲームが楽しめます

一方、入金限度額は人によりますが、1万ドル以上あればまず困りませんし、最初からこれくらいの上限が設定されているので余裕です。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG