ジャックポットシティカジノはビットコイン使用不可!入金・出金手段

入出金に、ビットコインは使えるの?

ネットカジノは、リアルマネーで遊ぶ時には、カジノアカウント登録が必須です。

しかし登録だけ行えば良いわけではなく、ジャックポットシティカジノを使う時には、入金や出金を行うための電子マネーなど、入出金手段の用意も必要不可欠です。

一般的に、最近のオンラインカジノの多くではビットコインが使えるところも多いのですが、ジャックポットシティカジノにおいては、ビットコインは使うことができませんので、他の入出金手段を考えておくことが大切です。

尚、アカウント登録が完了した後は、どのように軍資金を入金すべきか考える人も多いかと思われますが、オンラインカジノには電子決済マネーやクレジットカードなど、いくつかの手段が用意されているため、ご自身にとって一番利用しやすい方法を選択するのがお勧めですね。

ビットコインは利用できないので注意が必要

ビットコインの名前を耳にしたことがある人は多いかと思われますが、オンラインゲームを初め、Webサイトの中で使用することができる「仮想通貨」です。

ジャックポットシティカジノでは、入出金に関してビットコインの利用ができませんが、軍資金を投入する方法としてヴィーナスポイントなどのチャージ型の入金方法もあるため、それぞれの特徴を掴み、自分に合う方法でやり取りするのがお勧めです。

ちなみにヴィーナスポイントは、「ポイント換金ウォレット」とも言われているものの1つで、ポイントを貯めておいて、必要な時にお金に換えることができるサービスを使ったものです。

また、電子決済マネーは、クレジットカード処理端末機の申し込みが必要になりますが、専用の読み取り機を使ってカードをかざすだけで、支払いができる便利な入金方法の一つですね。

対応や、入出金に不便はありません

ジャックポットシティカジノは、遊戯環境をスマートフォンやタブレット端末、パソコンなど、ハードウェアに依存しないで楽しむことができる魅力を持つ、ネットカジノです。

さらに、平日の午後5時から深夜1時までの間、日本人のチャットサポートが対応してくれますので、ちょっとした疑問などにも安心して相談できる利点もあるのではないでしょうか。

尚、ジャックポットシティカジノは、クレジットおよびエコペイズによる入金ができ、出金方法についてはエコペイズのみになります。

そのため、既にこれらの決済方法を利用している人にとっては、分かりやすく魅力的な存在であると言えますね。

あなたがジャックポットシティカジノで遊ぶのであれば、入出金に戸惑ったり不具合はありません

エコペイズを利用しておけば、入金したい時、溜まった現金を引き出したい時でも、不便なく便利に使うことができますので、お勧めの決済方法も備えていると言えますね。

まとめ

Rin

ジャックポットシティカジノ入金は、エコペイズもしくはクレジットカードを使うことができますが、出金の時にはエコペイズが利用可能です。

尚、エコペイズは、ライン上で決済を安全かつ迅速に行うことができる、しかも手数料が安いなどのメリットを持つ決済方法です。

こうした、簡単な決済方法を積極的に取り入れて活用していること等からも、ジャックポットシティカジノは、顧客重視で安心して楽しむことのできるオンラインカジノだと言えますね。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG