スマホでスロットをするならビットカジノ!ルールと遊び方

カジノゲームをスマホで楽しめます。

カジノゲームに興味がある方は多いことでしょう。

そのような方の中には、「日本では気軽に遊ぶことができない・・・」と思っている方も多いかもしれません。

しかしそのイメージは間違いです。

実際にはインターネットが繋がる環境さえあれば、いつでも気軽にプレイできる「オンラインカジノ」は日本からでも遊べます。

更に、中にはパソコンだけでなくスマホをはじめとした、端末からでも遊べるサイトも多く存在します。

その中でも、特に高い人気を集めている「ビットカジノ」であれば、2017年以降スマホでそのサービスを全て利用できるようになっていて、お勧めです。

スマホから「ビットカジノ」の公式サイトにアクセスして、メールアドレスと生年月日を登録すれば、すぐにゲームを開始することができます。

まずは気軽に「ビットカジノ」に登録してみることをお勧めします。

スロットゲームが特におすすめです。

インターネットに繋がる端末さえあれば、いつでも気軽にその利用を開始できる「ビットカジノ」の中で、特にその利用をお勧めしたいゲームは、「スロット」です。

これは、オンライン上のゲームとは言え、ブラックジャックやバカラなどのいわゆるテーブルゲームを楽しむためにはディーラーとのコミュニケーションが必要になることが多く、初心者の方は近寄りにくいと感じる雰囲気があることでしょう。

しかしスロットマシンでは、そのような心配は一切いらないので、その気軽さが最大の魅力です。

コインを投入してボタンを押すだけで、すぐにゲームを開始することができます。

そして絵柄が揃えば当たりとなるシンプルなルールも、単純にプレイをおすすめしたいポイントと言えます。

ただし、その外見やゲーム性は、日本のパチスロによく似て見えるかもしれませんが、大きく違う点には注意が必要です。

プレイするにあたっての注意点

オンラインカジノのスロットマシーンと、日本のパチスロの一番の違いは、「掛け金」にあります。

スロットマシンでは、プレイヤーが任意の額を賭けることができる仕様になっているので、その気になれば、ワンスピンに数十万円というベットを回すことも可能です。

その際には「コインサイズ」というサイズが使われ、このコインサイズを基準にワンスピンで消費されるクレジットが計算できます。

その式は、コインサイズとベットライン数とラインズベットの積になります。

なお、このラインズベットというのは1つの有効ラインあたりに賭けたコイン数、いわゆる倍率を意味する言葉です。

また、配当についても同じ要領で計算できますが、複数ライ率している場合は合算が必要となります。

基本的に配当は自動計算されますが、基礎知識としてはおさえておくことをお勧めします。

まとめ

Rin

お持ちのスマホでスロットゲームを楽しみたいという方は、「ビットカジノ」の利用を検討してみることをお勧めします。

プレイに際しては、ルールも遊び方もとても簡単なので難しい知識は不要です。

また、「ビットカジノ」の利用は、簡単な登録を行えばすぐに開始できます

ぜひその面白さを文章だけでなく、ご自身で身をもって体感してみて下さい。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG