スマホカジノはビットカジノ!ライブバカラのルールと遊び方

ビットカジノはスマホにも対応で便利です

ビットカジノはスマホにも対応しており、様々なライブカジノがプレイできる事が魅力です。

ポーカールーレットなど幅広いテーブルゲームがプレイできますが、中でも人気が高いのが「ライブバカラ」となっています。

スマホやタブレットなどで、いつでも臨場感のあるバカラをリアルタイムで楽しむ事が可能です。

ビットカジノではバカラの種類だけでも多数用意されていますので、それぞれの特徴などを確認して自分に合ったタイプを選ぶ事が大事です。

ライブバカラが利用できるソフトウェアのメーカーは、「アジアゲーミング」や「エボリューションゲーミング」など、5種類が使用されている事が特徴です。

実際にスマホなどでプレイしながら内容を把握する事が必要ですが、バカラの基本的なルールを事前に知っておくとスムーズに行なえます。

バカラの基本的なルールを確認しておく

ビットカジノで人気のバカラ基本的なルールは、「バンカー」と呼ばれる者と「プレイヤー」と呼ばれる者の、どちらが勝つかを予想するトランプゲームです。

ベットする自分はそのやり取りを見ているだけになりますので、直接プレイに関わる事はほとんどないのが特徴です。

バンカーとプレイヤーに配られたカードの数を合計して、一桁目が「9」に近い方が勝利というルールとなっています。

ディーラーからはそれぞれに2枚ずつのカードが配られますので、最初にどちらが勝つのかを予想してベットしておくという流れです。

数の数え方は絵札は「10」と扱いますので、例として「8」と「K」の2枚であれば8+10で18、その一桁目を取って「8」という結果になります。

バンカーとプレイヤーが同点の場合は引き分け扱いとなり、賭けたベット額は返還されます。
あまり確率は高くありませんが、引き分けにベットするという賭け方もあり、配当は8倍となっているのが特徴です。

様々なソフトウェアを選択できる

基本的なバカラのルールを確認したら、それぞれのソフトウェアなどによる画面やローカルルールを把握してプレイしましょう。

ソフトウェアが同一のライブバカラであれば、基本的にはルールは同じです。

しかし「テーブルリミット」と呼ばれる、最低ベット額や最高ベット額はそれぞれのカジノによって異なります。
このベット額の設定範囲により、戦略性も変わってきますので確認する事が大事です。

そして各ソフトウェアによって「テーブル数」も違うケースがあります。
テーブル数が多いという事は、それぞれのテーブルの流れの特徴をつかんでから参加する、といった方法も行える事が特徴です。

ソフトウェア別に確認しておきたい部分として「ベット通貨」の種類が挙げられます。

それぞれのソフトウェアごとに使用できる通貨単位(ドルやビットコインなど)が決められていますので、利用方法に適したソフトを選ぶ事が大事です。

まとめ

Rin
ビットカジノでは人気のライブバカラが幅広く用意されており、好みに合わせて選択する事ができるのがメリットです。

安全性の高いソフトウェアを使用しており、初心者から上級者まで多くのユーザーから人気となっています。
スマホにも対応していますので、いつでもどこでも魅力的なライブバカラが楽しめる事が、大きな魅力の1つとなっていますね。色々な魅力があるビットカジノは、初心者からハイローラーまで、おすすめできるカジノサイトと言えるでしょう。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG