ネットカジノのペイアウト率(還元率)は良いの?悪いの?

ネットカジノのペイアウト率は良いの?悪いの?

ネットカジノのペイアウト率(還元率)は?

ペイアウト率は

ネットカジノのペイアウト率、つまり「還元率」については、他の国内ギャンブルに比べて、大きく数値が高いことは知られています。

日本国内でも、大衆の娯楽として、昔から楽しまれているギャンブル。
公営ギャンブルとして、パチンコスロット競馬宝くじなど、生活にも密着して親しまれている、人気の娯楽です。

これらのギャンブルをする上で、誰でも気になるのが、

勝ちやすいギャンブル、ゲームはどれなのか?

ということですよね。

ギャンブルでの「勝ちやすさ」は、共通して数値として算出できます。

つまり、「自分が賭けた金額に対して、ペイバック(返金)が幾らあったのか」ということ、つまり「ペイアウト率(還元率)」という数値で明確に考えることができるんです。

こうした国内ギャンブルの還元率と比較しても、ネットカジノの還元率は群を抜いて高いことが分かります。

ここでは、それぞれのギャンブルのペイアウト率(還元率)を比較した上で、ネットカジノのペイアウト率がなぜ高いのかを簡単に解説していきます。

ペイアウト率(還元率)とは

ペイアウト率(還元率)」とは、分かりやすく言うと「賭けた金額に対して、戻ってきた金額の比率」を指します。

つまり、

払戻金 ÷ 賭け金 = ペイアウト率(期待値・払戻率)

として計算できる訳です。

こうした「ペイアウト率」は、「期待値」「払戻率」とも呼ばれます。

この数値を把握することで、自身が楽しんでいるギャンブルやゲームが、どのくらい勝ちやく、また自身の勝率がどれ位なのかを明確に把握することができます。

あなたが日常生活の中で、ギャンブルという娯楽を楽しむのなら、ペイアウト率を把握しておくという事は、とても重要です。

この「ペイアウト率(還元率)」を明確に出し、あなた自身が意識することで、あなたのギャンブルのプレイスタイルも大きく変わってくるのではないかと思います。

1,各ギャンブルの「ペイアウト率」は

国内で人気の、各ギャンブルのペイアウト率(還元率)を調べ、ランキング形式で下にまとめてみました。
実際には、日本の公営ギャンブル(※パチンコやスロット、競馬、宝くじ)の還元率は圧倒的に低く、あなた自身も驚くかもしれません。

ギャンブル還元率

【1位】還元率96%~99%の「ネットカジノ」

ネットカジノ

数あるギャンブルのなかでも、圧倒的な還元率の高さを誇るのはペイアウト率96%~99%の「ネットカジノ」です。
ネットカジノはオンライン上でプレイするので、全体的な経費(場所や人件費等)がかからないのが大きな理由だと思います。

遊ぶゲームの種類によって、多少は還元率にばらつきがありますが、いずれも90%を超える高還元率となっています。

・スロットのペイアウト率・・・93%~97%
・バカラのペイアウト率・・・98.6%~98.8%
・ブラックジャックのペイアウト率・・・96%~102%
・ルーレット(ヨーロピアン)のペイアウト率・・・97.3%~98.6%

ネットカジノでは、前日の好調機種の公表をしているカジノもあります

サイトによっては、ペイアウト率が200%を超える機種もあったりと、一番アツい機種が分かる、お得な情報を配信しているところもあるんです。

【2位】還元率約85%の「パチンコ・スロット」

パチンコ・スロット

どこにでもあって馴染み深いギャンブルである「パチンコ・スロット」は、ペイアウト率約85%ほどです。

高い還元率であると思いますが、実際のところ、還元率85%のギャンブルで勝ち続けることはなかなか難しいといえるでしょう。

【3位】還元率約76%の「競馬」

競馬

競馬」は昔から、老若男女で熱狂的なファンが多いギャンブルですが、実際のペイアウト率は76%ほどです。

馬好きであったり、競馬ならではの伝統やレジャー感を楽しみたい人には良いかもしれませんが、実際に競馬で勝ち続けるのは至難の業です。

【4位】還元率40%~50%の「宝くじ」

宝くじ

毎年年末には、「宝くじ」を買い求める人たちの長蛇の列が風物詩ですよね。
しかしペイアウト率は、なんと驚愕の40%~50%ほどです。

当選金額が億単位となりますから、夢はありますが、ネットカジノでも億単位のジャックポットが出ていることを考えると、ギャンブルとしてネットカジノの方が、断然プレイする価値があると思います。


ネットカジノのスロットには、「ジャックポット(プログレッシブ)」という機能を搭載した機種が多数存在します。

スロットで指定された絵柄をそろえると、宝くじの様に「億単位の賞金」が払い出される、夢のような大当たり機能です。

これまでに、日本人の当選者も多数輩出されていますし、同じ遊ぶなら、やる価値がありますよね。

宝くじは、年に数回のお楽しみとしては良いでしょうが、還元率40%~50%という数字は、ギャンブルとしては高リスクだと言えます。

2,ネットカジノの「ペイアウト率(還元率)」が高い理由

ギャンブルは、どの種類のものでも最終的に必ず胴元(※運営側)に利益が出る仕組みになっています。

これは当然のことで、利益が出るからこそ胴元がギャンブルの運営をしていますし、その利益で「場所」を提供し、「安全確保」をしながら「運営管理」ができる訳です。

そう考えると、ネットカジノ以外のギャンブルでは、お客がギャンブルの「場」に足を運ぶ必要があります。

当然に運営側には、その場所を確保して従業員に支払う人件費や、光熱費など莫大な運営費用がかかります。

しかしネットカジノは、カジノサイトを開設すれば、世界中のプレイヤーが同時にギャンブルを楽しむことができますし、継続した人件費や光熱費、設備等への管理費など、これらの必要経費が少なく、実際の運営に関し、他のギャンブルとの差は非常に大きいものです。

つまり、ギャンブルは胴元に必ず利益が出る構造にはなっていますが、運営上も人件費や施設管理費等を差し引けば、その利益が非常に薄いものとなります。

それに比べて、その運営上も十分に利益が成立するのが、ネットカジノということになり、還元率がずば抜けて高いのも納得できます。

ちなみに、宝くじに関しては「当せん金付証票法」という日本の法律に縛られています。
つまり、「払戻金は発売総額の100分の50以内(法第5条)」と定められているんです。これによって、最初からペイアウト率としては、40%~50%に落ち着きます。
(参考:総務省公式資料 宝くじ・公営競技・サッカークジの実行還元率)

でも、これってちょっと首を傾げますよね 笑

例えば「ペイアウト率」で考えると、1万円分の宝くじを買っても、買った時点で、既に5,000円以上の損をしているってことです。

それじゃ、宝くじを買うよりも、ネットカジノで遊んだ方が、ずーっと高い勝率でゲームを楽しめるということになります。

まとめ

Rin

ネットカジノは、オンラインショッピングと同じくらい、簡単に遊ぶことができ、ペイアウト率も国内ギャンブルに比べて、桁違いに高いと言えます。

現在は、顧客の安全性や信頼性に第一の主眼をおいて取り組んでいるネットカジノが多く、初心者向けの日本語サポートが手厚いカジノや、簡単で分かりやすく、とてもシンプルな作りのカジノなど、それぞれの特色を打ち出したオンラインカジノが多数あります

あなたも、ぜひお好きなネットカジノでプレイしてみて下さい。
その楽しさと、勝率の良さに驚くと思いますよ。

>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG