ハイローラー対応ライブバカラで選ぶならカジ旅

ハイローラーカジノならカジ旅

1回のゲームで1万ドルを賭けられる!

1ゲーム1万ドルを賭けられます

カジ旅は、まるでソーシャルゲームの様で、「ハイローラーに向いている様に見えない・・・」と感じている人もいますが、実はカジ旅が提供するライブバカラは、全て1ゲームだけで1万ドルもの賭け金を賭ける事が可能です。

今現在の、カジ旅が提供しているライブバカラのソフトウェアは、エボリューションゲーミング社が開発した商品を取り入れています。

バカラテーブルが2台と、展開が速いスピードバカラが2台、コミッションなしのバカラが1台あります。

他にも、スクイーズ機能が搭載されているバカラスクイーズのテーブルが1台と、バカラコントロールスクイーズのテーブルが1台の、合わせて7つあるのです。

この中の全部で、1ゲームあたりの最高の賭け金が、何と1万ドルになっています。 高額な賭け金を次々と賭けて、勝負の高揚感を味わいたい人に最適です。  

特にバカラスクイーズが人気

スクイーズ

エボリューションゲーミング社が開発するソフトは人気が高いため、競合他社の大手オンラインカジノも採用していますが、テーブル全部で1万ドルを賭けることが出来るのはカジ旅だけです。

そして、ハイローラーの人達の間で、非常に人気が高いのはバカラスクイーズです。

実際にカジノホールに出向いた場合は、自分自身で「絞り」を行いますが、オンラインカジノではディーラーがプレイヤーの代わりに「絞り」を行ってくれます。

「絞り(しぼり)」とは、バカラで配られたカードをジワジワとめくりながら確認する行為を言います(※スクイーズとも呼ばれます)。

プレイの際に、自分で「絞り」が出来なければ、面白くないのではないかと感じる人も少なくありません。

しかし、ディーラーに変わりに絞って貰ったとしても、充分過ぎるぐらいに緊張感が伝わってきます。

例えばディーラーの方に賭けていて、6以上のカードが出ると勝ちという場面で、スクイーズをディーラーにされると非常に高揚感を味わうことが出来るのです。  

ハイローラー対応が進んでいる

ハイローラー

カジ旅は、ソーシャルゲームの様にポップな感覚で、軽ーく楽しむことができるイメージがありますが、実際にはライブバカラでハイローラーに対応する作業が相当進んでいます

意外なぐらい、高額なチップを賭けることができるカジ旅には、近頃は続々とハイローラーが登録をしてきています。

そしてカジ旅では、ライブルーレットも提供していますが、ライブルーレットでは1ゲームあたり最大で10万ドルも賭けることが可能です。

今現在で、日本語対応のライブカジノを提供しているオンラインカジノの中でも、トップクラスの上限金額です。

まさかカジ旅で、非常に高い賭け金でライブルーレットを遊ぶことが可能だとは、ほとんどの人が予想していないと思います。

テーブルの数も24テーブルもあって非常に豊富なので、自分の好きなテーブルを自由で選ぶことが出来ます。

まとめ

Rin
カジ旅が提供するライブバカラは、全てのテーブルで1ゲームあたり1万ドルという、非常に高額なチップを賭けることが可能になっています。

その為カジ旅は、ハイローラーに向けた対応が非常に進んでいるオンラインカジノであると言えます。

カジ旅では、その中でもバカラスクイーズを行っているテーブルの人気が高く、プレイヤーはゲームの高揚感を、とても楽しんでいますよ

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG