エルドアカジノ(旧パイザカジノ)に入金限度額はない?高額ベットが楽しめる!

入金限度なし

入金額に制限を設けているオンラインカジノ

オンラインカジノでは、入金に限度額が設けられているのが一般的です。
賭ける金額が少額なら、入金限度額が設けられていても気にならないかもしれません。

しかし多額のお金を賭けるハイローラーにとって、入金制限は邪魔な存在です。

ハイリミットバカラなどで高額な勝負をしたいときに、制限があると数回に分けて入金しなければいけません。

そのためハイローラーの間では、入金限度額を設けているオンラインカジノは使いにくいと評判です。

またオンラインカジノでは、「入金」だけでなく「出金」にも制限を設けています
出金制限もハイローラーから不評の理由で、高額の勝利金を手にしてもすぐに引き出せない可能性があります。

オンラインカジノの入出金制限は、多額の勝負をするハイローラーにとっては不要なシステムと言っても過言ではありません。

無制限に資金を投入できるエルドアカジノ

入出金制限に対しストレスを感じるハイローラーの間で、人気を博しているオンラインカジノがエルドアカジノです。

エルドアカジノは入金限度額を設けておらず、入金したい金額を無制限に入れることができます。

そのためハイリミットバカラで大勝負をしたいハイローラーも、一度の手間で資金を用意することが可能です。

繰り返し入金手続きをする必要がありませんから、ハイローラーからエルドアカジノが支持されるのは当然と言えるでしょう。

入金限度額がないのは、ハイローラーだけでなく初心者にとっても嬉しいポイントです。

最初から長く遊ぶつもりなら、ある程度の金額を入金しておけばその都度お金を入れる手間を省くことができます。

手数料が必要な方法で繰り返し入金するのも損ですから、一度にまとめて資金を投入できるエルドアカジノは便利です。

出金額も無制限なエルドアカジノ

エルドアカジノは入金限度額だけでなく、出金できる金額に対しても制限を設けていません。

オンラインカジノでは、多くのプレイヤーが一度に高額を引き出すと経営難に陥る可能性があるために、1日や1ヶ月に出金できる金額に上限を設けています。

高額を賭けるハイローラーにとって、出金制限もオンラインカジノで問題になる点です。

高額を賭け勝負に勝ってもお金を引き出せない可能性があり、自由に資金を移動できないため不満を抱えていました。

しかしエルドアカジノなら一度に引き出せる金額に制限はなく、1日に高額を何度繰り返しても構いません

しかもエルドアカジノは処理スピードも速いので、手続きがすぐに反映され資金をスピーディーに移動できます。

入金時だけでなく出金時にも制限がないのは、エルドアカジノがハイローラーから支持される理由です。

まとめ

Rin

エルドアカジノの特徴は、入金限度額がなく自由に資金を移動できることです。

出金時にも制限がなく反映スピードも速いので、これまでオンラインカジノの入出金にストレスを感じていたなら乗り換えてみるのも良いでしょう。

ストレスフリーなエルドアカジノなら、ハイローラーも快適にオンラインカジノのゲームで大勝負できるようになります。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG