エルドアカジノ(旧パイザカジノ)のライブバカラの特徴と遊び方

エルドアカジノのライブバカラの特徴

エルドアカジノは、すでにライブバカラに特化をしていて、規模の大きなライブカジノを提供していることが数多くの人に認知されています。

ですのでエルドアカジノは、ライブカジノルームを提供しているオンラインカジノの中でも異例の多さの部屋数を誇っており、その総数は13部屋も用意し、全てのカジノテーブルの数は200以上あるのです

特にエルドアカジノは、ライブバカラを楽しむためのテーブルの数の比率が非常に高く、色々なテーブルを移動しながらプレイすることが可能で、それが大きな特徴のオンラインカジノとなっています。

そしてエルドアカジノは、非常に本格的にライブバカラを、高額な賭け金で楽しむことが可能です。

ですのでエルドアカジノは、VIP会員として普段からランドカジノで楽しんでいる人にとって、非常に満足のいくオンラインカジノサイトとなっています。

エルドアカジノ自体の特徴

エルドアカジノは、アジア系の綺麗な女性カジノディーラーが数多く在籍している、幾つものライブカジノのプラットフォームを取り入れています

オリエンタルゲームオールベットゲーミングゲームプレイインタラクティブは、アジア系の綺麗な女性カジノディーラーとライブバカラをプレイをすることが可能なため、非常に人気があるのです。

特にオリエンタルゲームは、最先端の流行を取り入れた女性カジノディーラーが、たくさん在籍していて高い人気を誇っています。

そしてオリエンタルゲームが提供するライブカジノは、非常に高額の賭け金をベットすることが可能で、中には1回のゲームに750万円もの金額を賭けることができるライブカジノもあるのです。

こういったライブカジノを利用する人は、VIPプレイヤーやハイローラーが多いのですが、そういった人たちの多額の入金や出金にも対応しているのがエルドアカジノの特徴になります。

ライブバカラの遊び方

バカラはディーラーに賭けるか自分に賭けるのかを選ぶ、簡単なルールのゲームとなっています。

それぞれに2枚のカードが配られて、カードの数を足して下1桁の数が9に近いと勝ちというルールです。
絵札は0エースは1とカウントすることになっています。

例えば自分のカードが9と8で、ディーラーのカードが絵札と8だった場合は自分の方は9と8を足して17となるので下1桁の数は7です。
ディーラーの方は8となり9に近いので数字なため、そちらの方に賭けていると配当を得ることができます。

ディーラーが勝った場合は1.95倍の配当がつきますが、自分が勝った場合は2倍の配当がつく
訳です。

わずかにゲームを仕切る方が勝ちやすい状態になっているので、自分の方が配当の倍率が良くなっています
このようなゲームが、ライブ中継で行われる訳です。

まとめ

Rin

エルドアカジノはライブカジノに特化していて、実際のカジノランドばりの臨場感を味わうことができる、オンラインカジノとなっています。

特に、日本人にとっては親しみやすい、東南アジア系の綺麗な女性ディーラーが揃っているので、楽しんでプレイすることが可能です。

高額な金額を賭けても、スムーズに入金や出金ができることも特徴の1つで、高額ベットのハイローラーにも満足のいくカジノとなっています。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG