エルドアカジノ(旧パイザカジノ)の信頼性やサポート体制は?

エルドアカジノ

オンラインカジノで重要な信頼性とサポート

オンラインカジノに登録するときに、気になるのは安全性やサポートの体制です。

海外の企業が運営するサービスなので信頼性を見極めるのが非常に難しく、ゲームの結果を裏で操作していたりマネーロンダリングなどの犯罪に関わっていたりしないのかなど、気になる部分が多いと安心できません。

また英語のみのサポート体制だと、トラブルが起きたときに日本語でアドバイスを受けることができないこともネックです。

日本人が安心してゲームを楽しむためには、

1、信頼できる企業が運営していること
2、日本語でのサポート体制が整っていること

が条件になるでしょう。

この2つの条件を満たしているのが、2016年に誕生したエルドアカジノです。

オンラインカジノとしての歴史は浅いのですが、エルドアカジノはライセンスを含めて信頼性が高く、顧客のサポート体制も充実しています。

日本人だけでなく、現在世界中で人気を集めているオンラインカジノです。

2つのライセンスを取得するエルドアカジノ

オンラインカジノの信頼性を証明する一つの証が、20以上の国や地域が発行している「ライセンス」です。

カジノライセンスを取得するためには、発行する国や地域の政府が決めた厳しい基準をクリアしなければいけません

具体的な基準として、

・犯罪に関わっていないか
・財務状況は適切か

など、多くの項目が用意されていて、全ての基準は高く、簡単にクリアできるものではありません。

また条件をクリアし取得した後も、定期的に監査を受け運営体制に問題ないかチェックされます。

エルドアカジノは、ライセンスの中でも比較的厳しいとされるカナワケの認可を受けており、また並行してフィリピンのライセンスも取得しています。

エルドアカジノ認可

そうしたライセンス取得の信頼性から、比較的「信頼できるオンラインカジノ」と位置づけされており、まず安心して利用できると言えます。

ライセンス情報は、エルドアカジノのホームページも公開されているので、定期的にチェックするのがおすすめです。

日本人も安心できるサポート体制

エルドアカジノのサポート体制は、24時間365日対応です。

日本語にも完全対応しているので、気になることがあって問い合わせをするときも英語を使う必要はありません。

日本語で問い合わせができるので、スムーズに疑問や問題を解決できます。

また、問い合わせの方法も、エルドアカジノは豊富に用意されています。

Eメールライブチャットといったオンラインカジノの基本的な問い合わせ方法から、いくつかのメッセージアプリにも対応しているので、特別な準備をする必要はありません。

日本人に馴染み深いLINEにも対応していますから、日本人にとっては充実したサポート体制が提供されます

日本語対応のオンラインカジノは増えましたが、エルドアカジノほどサポート体制が充実しているところは少なく、日本人が安心して利用できるサイトとなっています

まとめ

Rin

カナワクとフィリピンのライセンスを複数取得し、サポート体制も充実しているエルドアカジノは、これからオンラインカジノを始める初心者にこそ最適です。

信頼性やサポート体制だけでなく、ゲームの種類や入出金方法も充実しているのでストレスなく楽しめるはず。

安全で快適にオンラインカジノを楽しむ為にも、最初に登録するならエルドアカジノをおすすめします。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG