エルドアカジノ(旧パイザカジノ)の出金上限は無制限なのが嬉しい!

出金上限とは何なのか

オンラインカジノにおける出金上限とは、カジノで得た利益を現金化する際に設けられている引き出しの上限だとイメージしておけば分かりやすいでしょう。

大きなギャンブルで勝って驚異的な金額を手に入れたとしても、登録している銀行口座や仮想通貨口座などへの出金に上限が定められていると、希望しても全額を引き出せないということがあるのです。

一般のプレイヤーには当てはまりませんが、仮に何億円分、何十億円分もの振込みを希望するなら、出金を何度も繰り返さなければいけない場合も少なくないことを記憶しておくべきだと言えます。

ただし、一回の出金額の上限額が決められているところもあれば、毎月の上限額が定められているところもありますので、オンラインカジノが一律に出金上限を横並びで設けている訳ではありません

中には、出金上限が無制限というカジノも、いくつが実在しているんですね。

エルドアカジノは無制限です

エルドアカジノ

出金上限に規制がかかっていない、つまりどれだけ大きな金額だろうと一回で引き出せる様になっているオンラインカジノのひとつが、エルドアカジノです。

現在、日本語対応のオンラインカジノは多いのですが、エルドアカジノも日本語で遊べる様になっており、日本での知名度や人気が高いことで有名です。

エルドアカジノでは、お金を上限なく引き出せるようになっていることで、細かい金額で何度も賭け事をするのではなく、一攫千金を狙って大きな賭け事をしたい様な、ハイローラーのプレイヤーに向いていると言えるでしょう。

出金無制限な上に、お金が振り込まれるまでに不要なタイムラグが少ない、というのもエルドアカジノの良い所です。

カジノゲームで得たお金を、極力早く現金化して手元に置いておきたい、という方にとっても、エルドアカジノは現金の出し入れがし易く、その要求を満たすオンラインカジノだと言えるでしょう。

ふたつの仮想通貨が使えます

ギャンブルで勝利した際に得たチップを、日本円ではなく仮想通貨に変えることもエルドアカジノでは簡単にできるようになっており、その申請時にも上限額は定められていません

つまり何億円分もの仮想通貨を、無制限に入手することが可能となっている、ということです。

エルドアカジノでは、一種類だけでなく、ビットコインとイーサリアムの2つの仮想通貨が使えますし、仮想通貨は送金手数料が安く、送金が早いと言うことと、個人情報が漏れることがないので、使い勝手は抜群です。

これは、入金目的でも出金目的でも使えますし、好みの銘柄の仮想通貨を選択すれば良いだけとなっています。

また出金だけではなく、入金の面で便利なのが、エルドアカジノはクレジットカードや電子マネー(ecopayz、iwallet)等でも送金できるようになっていることです。

オンラインバンキングに登録していない方の場合は、銀行口座からの入金が面倒に感じることも少なくないのですが、クレジットカードなら簡単なので非常に便利ですよね。

まとめ

Rin

エルドアカジノは、他のお金のやり取りが便利だと評判なオンラインカジノと同様に、仮想通貨やクレジットカード、電子マネー等で出入金が申請できる様になっています。

しかも、現金での出金上限がなく無制限なので、大金をひとつのオンラインカジノに入れて大きな勝負をしたいと希望しているような、ハイローラーの方こそ、エルドアカジノを上手に活用すべきだと言えるでしょう。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG