エルドアカジノ(旧パイザカジノ)の所有ライセンスと運営者情報

安心できるエルドアカジノ

オンラインカジノに初めて登録するときは、危険性がないか不安になりがちです。

運営者は海外の企業なので、信頼性を確認する術が限られ、問い合わせも基本的には英語で行わなければいけません。

そのため心理的なハードルが上がってしまい、興味はあってもオンラインカジノに登録する勇気が出ない方もいるのではないでしょうか。

初めてのオンラインカジノで不安を感じているなら、おすすめはエルドアカジノです。

エルドアカジノ

エルドアカジノは、信頼性が高いオンラインカジノとされており、日本人も安心して遊べるポイントが多数あります。

また、運営者はカリブ海の西インド諸島にある、イギリス領ヴァージン諸島の企業です。

その他の部分にも、エルドアカジノは安心できるポイントがいくつもあるので、不安を感じずにオンラインカジノを始めることができるでしょう。

エルドアカジノが所有するライセンス

オンラインカジノの信頼度を表す一つの目安として、素人でもわかりやすいのがライセンスです。

世界の国や地域の発行するライセンスは、現在20以上あるとされ、ライセンスの取得ができていないカジノは、犯罪に関わっていたり、財務状況が悪いなどの問題が考えられます

エルドアカジノが取得しているのは、カナダのケベック州にある原住民保留区の「KAHNAWAKE GAMING COMMISSION(カナワク)」のライセンスです。

「カナワク」のライセンスは最上位ではありませんが、他と比べれば透明性は高く、信頼度は高めです。

厳しい基準で審査を行い、ライセンス申請カジノを定期的にチェックしていますから、エルドアカジノの信頼性は継続して担保されていると言えるでしょう。

エルドアカジノでは、実際これまでに業界を騒がす様な大きなトラブルを起こしたことがありませんので、過去の実績からも気になるポイントはありません。

エルドアカジノは、安心して楽しめるカジノとして、初心者やベテラン共にオススメです。

日本人も安心できるエルドアカジノ

エルドアカジノに安心感を感じるのは、運営する企業の名前が公開され、信頼できるライセンスを取得しているからだけではありません。

日本語サポートが用意されているのも、日本人が安心してオンラインカジノを楽しめる理由です。

サポートは24時間メールや、ライブチャットで受け付けており、スマートフォンのメッセージアプリでも気軽に問い合わせることが可能です。

カスタマーセンターはフィリピンにありますが、日本語に対応しているので、問い合わせるときに英語を使う必要はありません

ライブチャットも日本語でやりとりが可能ですから、スムーズに問題点を伝えて解決策を聞くことができるでしょう。

問題点の解決策や疑問点の相談だけでなく、タイミング次第ではレアな情報を教えてくれることもあるので、気軽に利用できるのも特長です。

まとめ

Rin

運営する企業や取得ライセンスからも、エルドアカジノに問題点や不審な点は見受けられません。

ネット上の評判も、比較的良い内容が多く、初心者におすすめしているサイトも数多くあります。

2016年に誕生した、まだ歴史の浅い新しいオンラインカジノですが、信頼性は高く、ルーレットやスロットなどの様々なカジノゲームで、安心して遊ぶことができます

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG