エルドアカジノ(旧パイザカジノ)の最低賭金条件は?

エルドアカジノの最低賭金条件は?

エルドアカジノは世界中の珍しいゲームを導入していることで人気のオンラインカジノです。

エルドアカジノ

エルドアカジノで楽しむことで、多くの賞金を稼ぐことが可能になります。

カジノ初心者の方でも気軽に楽しめるエルドアカジノですが、エルドアカジノには最低賭金条件がありません

「最低賭金条件(ロールオーバー)」というのは、ボーナス入金した金額の何倍を賭けた際に出金出来るかの条件を示したものです。

多くのカジノでは入金額の数倍の金額を賭けないと、出金条件をクリア出来ないのに対し、エルドアカジノでは全く関係なく、出金条件をクリアできるようになっています。

数秒で一攫千金を狙うことが可能な、新感覚のゲームも導入されているエルドアカジノなら、カジノが初めての方でも、少ない軍資金で、楽しみながらゲームに取り組むことができるでしょう。

エルドアカジノで遊ぶための決済口座

オンラインカジノで遊ぶためには、事前に決済口座を開設しておく必要があります。

エルドアカジノで使う決済口座には、世界中で愛用されている決済口座であるエコペイズを利用するのが通例です。

エコペイズは、高度なセキュリティと迅速な入出金で、多くの方が利用している決済口座です。

エコペイズ
エコペイズ(ecoPayz)はこちら

エコペイズがあれば、エルドアカジノでの入出金をストレス無く楽しむことができる様になっています。

出金に要する時間は、最短で数分と、短い時間で行うことができますから、事前にエコペイズの口座を開設しておけば、ゲームで得た賞金をエコペイズ専用のカードを用いて、近くのコンビニから出金することが可能です。

カジノで稼いだ賞金を、ストレス無く出金できる点も、多くの方がエルドアカジノを愛用している理由です。

最低賭金条件も低く、稼げるゲームが豊富なパイザで、多くの賞金獲得を目指せます。

日本語でのサポートも充実しています

エルドアカジノが国内で高い人気を誇っている理由には、メールやライブチャットを用いての充実した日本語サポート機能も挙げられます。

スロットなどの日本人にも馴染みのあるゲームの場合には、プレイをするにあたってルールに悩むこともありませんが、バカラなど国内では馴染みが薄いゲームの場合には、プレイを進めるにあたってサポートが必要になるケースも多いものです。

エルドアカジノには充実した日本語サポートが提供されていますので、ゲームで遊びながらルールが不明瞭になった場合には、即座にサポートに対して問い合わせを行うことができるようになってもいます。

世界中の魅力的なゲームが揃っているパイザですが、ルールが分からなくては、楽しむこともできません。

スピーディな対応を行ってくれる日本語サポートがあれば、初めてカジノで遊ぶ方でも不安なくゲームを楽しむことができるようになりますね。

まとめ

Rin

多くのオンラインカジノがある中でも、パイザは「最低賭金条件」が全く関係がないことで知られます。

ゲームに勝って出金する際にも、全く関係なく出金条件をクリアできるようになっていますから、少ない軍資金でも多くの賞金を手元に引き出すことが出来るようになっています。

世界中の魅力的なゲームを揃えたパイザを使って、楽しくプレイをしましょう。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG