エルドアカジノ(旧パイザカジノ)の登録方法|業界トップクラスのソフトウェアラインナップ!

エルドアカジノの登録方法

業界最大のソフトウェアラインナップ

エルドアカジノは、業界最大級のソフトウェアラインナップを揃えているオンラインカジノです。

定番のソフトウェアから最新のものまでいち早く導入しており、ライブゲームもスロットも充実しています。

遊べるゲームの数は1,000種類を超えるとされており、また現在も新しいソフトウェアを定期的に導入していますから、今後も楽しめるゲームは増加していくと考えられる、充実したオンラインカジノです。

ここまで多くのソフトウェアを導入し続けているエルドアカジノなら、遊べないゲームはないと言っても過言ではないほどです。

オンラインカジノでも、遊べるゲームの数が少ないと、すぐに遊び尽くしてしまい、長く楽しむことができません。

しかし既に豊富なゲーム数があり、今後も追加されていくと予測されるパイザカジノなら、いつまでも新鮮さを感じながらゲームプレイを楽しめるでしょう。

簡単にできるエルドアカジノの登録方法

エルドアカジノの登録方法は、わずか数分で終わるほど簡単です。

会員登録

トップページから会員登録専用のページにアクセスしたら、

・ID(※好きなIDを、半角英数字4~10字で入力)
・パスワード(※お好きなパスワードでOK)
・パスワード再入力
・名前(※ローマ字で名字と名前を登録)
・生年月日
・CASINO登録電話番号(※利用可能な電話番号を入力)
・CASINO登録Eメール(※現在使用しているメールアドレスを入力)
・紹介者ID(※空欄のままでOK)

などの会員情報を入力していきましょう。

使用するIDは、希望する文字列名前は漢字ではなくローマ字で入力して下さい。

最後に、最下部の「サインアップ」のボタンを押せば、エルドアカジノの登録は完了です。

パソコンでもスマートフォンでも基本的には同じ流れなので、登録は非常に簡単に終わります。
複雑な手順や膨大な個人情報を入力する必要もないので、オンラインカジノが気になる方はエルドアカジノから始めてみると良いでしょう。

登録後すぐにしておきたい本人確認

本人確認

エルドアカジノの登録が完了したら、「本人確認」をしておきましょう。

本人確認をしておくと、クレジットカードで入金可能になったり出金方法を増やすことができます。
エルドアカジノで遊ぶなら必須とも言える手続きなので、登録後すぐにしておくのがおすすめです。

本人確認の方法は、指定された書類をカメラで撮影し、その画像を送信するだけです。

運転免許証やパスポートなどの本人確認書類、公共料金やクレジットカードの明細書などの住所確認書類、クレジットカードの裏表を撮影し送信すると、本人確認は完了します。

メールの送信から10分ほど、遅くても24時間以内には認証メールが届き、機能の一部制限が解放されます。

注意点は、書類の撮影の際に鮮明に撮影することと、書類の四隅を含めてしっかり写すことです。
登録方法は簡単ですので、誰でも数分で本人確認の手続きを済ませることができるでしょう。

まとめ

Rin

簡単に始められるエルドアカジノには、ソフトウェアラインナップの豊富さだけでなく様々な特徴があります。

業界最速クラスの、2分で処理が完了する出金スピード、複数の仮想通貨にも対応している入出金方法など、ユーザーにとってのメリットをあげれば、利点は切りがないほどです。

登録方法も簡単なので、オンラインカジノはエルドアカジノから始めましょう。

 

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG