ビットカジノのライセンスの信頼性は?

ビットカジノのライセンス

なぜライセンスが重要なのか

取得ライセンス

オンラインカジノで遊ぶ時に、必ず確認しておきたいのが、取得している「ライセンス」です。

日本では賭博罪にあたるので、実店舗であってもオンラインであっても「カジノ」は違法となります。

そのため、日本人が日本に居ながらインターネットを通してカジノを遊ぶなら、海外の会社が運営している「オンラインカジノ」が選択肢になります。

でも、海外の会社のサービスを利用する時は、さまざまな不安がありますよね。
なにかトラブルが起きてサポートへ連絡する時にも、日本語が通じるのかどうかなどです。

どの様なサービスを利用するにしても、日本でも詐欺会社はありえます。
が、海外では更にそのリスクが大きくなると言えます。

但し、オンラインカジノに関しては、政府発行のカジノライセンスを取得しているなら、政府の厳しい審査を経て公認しているという事ですから、その信頼性は高まります。

逆に、こうした政府機関の公認がないカジノは、遊ぶのをやめておいた方が無難ですね。
オンラインカジノの取得ライセンスは、あなたも必ず確認する癖をつけて下さいね。

ビットカジノの信頼性

キュラソーライセンス

ビットカジノのライセンスは、オランダ領キュラソー政府が発行する「キュラソーライセンス」です。

オランダ領キュラソーはカジノが合法な国で、同ライセンスを取得している大手オンラインカジノも多く、特に有名なカジノライセンスです。

ビットカジノも、そのカジノとしての信頼性は高いと判断できますし、元よりビットカジノは2013年に開設され、2019年9月現在まで、その営業を続けているという点も評価が高いです。

悪質な会社なら、5年以上も悪評が立つことなく続けることはできないでしょう。
当然、現在まで利用者からの評価・口コミも良好で、出金トラブル報告なども見つからないことが何よりの証拠だと言えるでしょう。

信頼できるカジノの条件は満たしている

ビットカジノ

こうした点からも、ビットカジノも信頼度が高いオンラインカジノであることが分かります。

少なくとも、経営に不安のない、実績のある大手オンラインカジノであることは間違いのない事実で、日本人の利用者数も多く、日本人からの口コミ・評価も高いです。

日本語サポートにも、しっかり対応しています。

しかし、大金を預ける際には慎重に取り組むことを忘れないで下さい。
ビットカジノでは本人確認書類は不要で、メールアドレスと生年月日だけで利用者登録ができます。

これは逆に言えば、匿名性が高いものの、メールアドレスやパスワードなどを忘れてしまったら、本人を証明することが難しい、ということでもあります。

ビットカジノはビットコインで遊べますし、入出金にかかる時間も早く、その利便性は特筆すべきモノがありますが、大量のボーナスを取得できた場合など、できれば小まめに出金をする様にしておくのが良いですね。

まとめ

Rin

いかがでしたでしょうか。

ビットカジノは、そのライセンスからも基本的には信頼ができるオンラインカジノだ、ということが分かりました。

競争相手の台頭により、世界的にもオンラインカジノの運営には、法律や条件、顧客の信頼性への要求が厳しくなってきています。

そうなると、政府が発行するライセンスを取得しているという事実は、もはや「必須条件」とも言えます。

そうした条件をしっかりと満たしているというだけでなく、ビットカジノはその知名度も高い上に、匿名性の高さや、顧客の満足度も高いので安心です。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG