ビットカジノのライブバカラはハイローラー向け?

ビットカジノのライブバカラはハイローラー向け?

ライブバカラは大きく賭けて大きく勝とう

ライブバカラは、大きく賭けて大きく勝とう!

ビットカジノの様なオンラインカジノで、ライブバカラを行い、プレイヤーが勝利するコツは、勝負所で大きく賭けて勝つことです。

なぜかと言えば、ビットカジノのライブバカラに限らず、あらゆるギャンブルには控除率が存在するからです。

「控除率」とはギャンブルを開催する「胴元の取り分」です。

原則として控除率の存在しないギャンブルは存在しないため、試行回数が増えるほどプレイヤーは勝つことが難しくなっていきます

これに対抗する戦略が「勝負どころで大きく賭けて勝つ」です。

たとえば資金1,000万円でギャンブルする場合、1回1万円で1,000回ゲームをするよりも、自分に流れが来ている時に100万、200万と賭けて勝負に出た方が、勝てる可能性は上がるのです。

そして、この戦略を実行する時に重要なのが、カジノ側のルール設定です。

ハイローラー対応とは何か

「ハイローラー」は、カジノで大金を賭けるお客さんのことを示すギャンブル用語で、ハイローラー対応とはそのカジノのゲームが大金を賭けられるルール設定になっているかどうかを意味します。

先ほど、自分に流れが来ている時は大きく賭けて勝負に出た方が、プレイヤー側が胴元に勝てる確率が上がると説明しましたが、もしもカジノ側が1回の賭け金を10万円までと制限していたらこの戦略を使うことはできません

ビットカジノなどのオンラインカジノで遊ぶ際は、プレイヤーが有利な賭け方ができる「ハイローラー対応」をしているお店で遊ぶことが、勝負に勝つ際に重要なポイントになります。

これに対応していない店は、1回の出金限度額が制限されていることが多く、ギャンブルに勝利しても、稼いだお金を引き出すのに時間がかかってしまいます。

ビットカジノは安心のハイローラー対応

ビットカジノには、ハイローラー対応のテーブルがあります。

ビットカジノは、大金を賭けることを好むライブバカラのプレイヤーが、安心して楽しめるようなルール設定になっています。

具体的には、一度に賭けられる金額の上限値を示すテーブルリミットは、テーブルにもよりますが最大で350万前後と十分な数字となっており、1日の最大出金額も50BTC(4,390万円)と、大抵のプレイヤーが不満なく使える設定です。

入金に関しては無制限になっているので、ようやく勝てる流れが来たのに、追加資金を投入できずに不本意な撤退をしなければいけない、といった事態とも無縁です。

この2つの要素を両立している店はとても少ない為、ビットカジノは数多くあるライブバカラができるオンラインカジノの中でも、特に遊びやすい優良店であるといえるでしょう。

大きく賭けて勝負するのが好きな、生粋のギャンブラーの皆さんも、きっと満足できるはずです。

まとめ

Rin
ビットカジノは、世界中に存在するオンラインカジノサイトの中でも、特にハイローラーのプレイヤーが満足できるルール設定となっています。

ライブバカラをするなら、大きく賭けて大きく勝ちたいという人には、ビットカジノはとてもおすすめです。

また遊べるバカラの種類も、基本的なものから、他ではあまり見かけない珍しいものまで、多彩となっているのも魅力的です。

 

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG