ビットカジノの入金・出金方法を手段別に解説

ビットカジノ

ビットカジノの入金手段

ビットカジノは、ビットコインを使って遊ぶ代表的なオンラインカジノで、ビットコイン対応で初めてカジノライセンスを受けたカジノです。

今でこそ、ビットコインを入出金に使えるオンラインカジノも増えていますが、ビットカジノがそのパイオニア的存在です。

入金に使えるのはビットコインだけの印象が名前から持たれますが、それ以外の仮想通貨にも対応しています

具体的には、イーサリアムとSOCです。

送金は難しくなく、入金ボタンをクリックすると表示されるアドレス宛に、送金手続きを行うだけです。

完了後は反映されるまで少し時間がかかるため、それを待ちます。

注意点としては、アドレスを間違ってしまうと他の人のところに送金されてしまうことになってしまいますので、間違えないようにする必要がありますね。

よく確認してから、手続きを進めていく様にしてください。

出金方法も仮想通貨を使う

ビットカジノの出金方法はとても簡単で、サイトの入金という所や残高表示の部分をクリックして進めていきます。

そうすると通貨ごとに残高が表示されていて、そこに「入金」と「出金」というボタンがあるので、引き出したい仮想通貨の出金ボタンを押します

あとはその中から出勤したい額と、自分の仮想通貨のウォレットのアドレスを入力すれば完了です。

「手続き中」との表示がなされるので、それが完了するまで待つことになります。

このように、入金だけではなく出金方法としてもビットカジノは手軽で、普段仮想通貨の送金を扱ったことがある方なら問題なく利用することができるはずです。

サイト内は日本語表示になっているため、どこに何を入力すればよいかわからないということもありません。

万が一わからなくても、サポートが日本語に対応しているので安心です。

法定通貨の利用も可能になって便利に

元々ビットカジノは、ビットコインなどの仮想通貨だけが入出金に使用することができましたが、現在では法定通貨に対応していて、日本円での入出金をすることも可能です。

日本円で入出金をする場合は、イーウォレットの送金サービスを活用します。

直接ビットカジノと繋がっているイーウォレットなら、スムーズにやり取りをすることができるので、選ぶならその中から選ぶのがおすすめです。

いずれの場合でもイーウォレットを通しての入出金になりますので、手続はそれぞれのサービスで確認してください。

仮想通貨の場合は平均2分で入出金をすることができますが、イーウォレットの場合は24時間以内の承認となるため、多少時間がかかるのがデメリットです。

しかしイーウォレットなら、仮想通貨を持っていない、運用していない人でもビットカジノが楽しめるので、選択肢が広がりますね。

まとめ

Rin

様々な入出金手段を活用できるビットカジノですが、おすすめはやはりスピーディーにそれを行える仮想通貨を活用することです。

公式でもわかりやすいマニュアルを用意していますし、時間制ではありますが日本語のサポートにも対応していて安心感があります。

これからオンラインカジノを始めたい方にも、安心しておすすめすることができるカジノです。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG