ビットカジノの入金限度額は?

ビットカジノ

入金限度額がないビットカジノ

ビットカジノは、仮想通貨に対応するオンラインカジノサービスで、入金限度額が設定されていないのが特徴です。

更に、ビットコインの入金だけでなく、その場でコインを購入して入金できるのも魅力的なポイントです。

一番のメリットはやはり、入金限度額がないことで、資金を大きく用意してゲームが楽しめる点でしょう。

ビットコインの購入には、日本でおなじみのブランドのクレジットカードが使えますから、簡単な手続きで入金作業が済ませられます

勿論、手持ちのビットコインを入金することも可能なので、余っているビットコインでゲームを遊ぶことも可能です。

現金よりも仮想通貨を重視するビットカジノは、これまでのオンラインカジノとは違い、時代を先取りしている感じがあります。

安全性や信頼感は十分にありますし、仮想通貨のメリットを最大限に引き出しているので、快適に遊び始めることができますね。

ビットカジノは本人確認が不要

本人確認

仮想通貨を入金して遊ぶビットカジノは、本人確認の必要性が一切ないので、入金限度額なしと同様に魅力的です。

登録作業は僅か15秒程度ですし、ゲームで獲得した配当は平均2分で出金されるほどのスピードです。

何もかもが簡潔で速いのが、このビットカジノの強みですから、オンラインカジノの手続きに面倒なイメージを抱いている人には朗報です。

ゲームを始めるのに必要な作業は、ビットカジノのページを開いて登録ボタンを押し、後はいくつかの必要事項を入力して送信するだけです。

対応するSNSアカウントを持っていれば、これを使って登録やログインが行えますから、更に手間が省けてスピーディーです。

プレイも出金も本人確認が不要なのは、現在のところ事実上ビットカジノのみとなっています。

他のオンラインカジノでは、もれなく書類の提出や確認作業があるので、その手続きを省けるのはまさに快適です。

ビットカジノでは、アルトコインに未対応

ビットカジノは入金に仮想通貨が使えて便利ですが、アルトコインには対応していないので要注意です。

仮想通貨なら何でも使える。
そうだとしたら最高ですが、ビットカジノも今のところは、ビットコインやイーサリアムに対応しています。

アルトコインを含めて、他にある多数の仮想通貨は未対応ですから、今後の対応に期待したいところです。

アルトコインもビットコインと同じと考え、これを先に購入してしまうと厄介です。

一旦売却するなり、ビットコインに替えれば良いですが、余計な手間が掛かるのが問題となります。

ビットカジノは、簡単な手続きで直ぐに遊べるのがメリットなので、手間が増えてしまうとしたら本末転倒です。

入金まで仮想通貨の購入は控え、登録作業を完了してからビットコインの入金や購入を行うのがベストです。

ただ、間違っても致命的なミスではありませんから、入金に関しては、そうした注意点を念頭に置いておけば大丈夫です。

まとめ

Rin

ビットカジノ仮想通貨で入金を行う、新しいタイプのオンラインカジノです。

仮想通貨に対応するサービスは他にもありますが、完全に本人確認不要で入金できたり遊べるのはここだけです。

それに、何より入金限度額が制限されませんから、自由に資金を用意して遊び始められる様になっています。

Webサイトは全面的に日本語対応ですし、入出金の手続きやサポートも、日本人サポートが充実しているので安心です。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG