ビットカジノの出金上限は無制限じゃない!限度額以上の対応は?

ビットコインで楽しめるビットカジノ

ビットカジノは、仮想通貨を使って楽しむことのできるオンラインカジノです。

現在では、多くのオンラインカジノが仮想通貨に対応していますが、ビットコインを使ったカジノとして、世界で初めてラインセンスを取得したのがビットカジノです。

ビットコインの入出金はとてもスムーズ。
海外で運営されているオンラインカジノでも、手続きに時間が取られることがなく遊べます

ビットコインは相場が短期間で動くので、タイミング次第では価値が大きく変わってしまうデメリットはありますが、それさえ注意しておけばスピーディーかつ安全に、カジノを楽しむことができます

ビットカジノのアカウントは、ビットコインアカウントと紐づけになっているため、いちいち身分証の提出や個人情報の入力をしなくても始められるのも、遊びやすく感じるポイントです。

出金上限は無制限ではない

ビットカジノの1日の出金上限額は、50,000mBTCとなっています。
通常の単位にすると50BTCということになりますね。

これは一見すると低く思うかもしれませんが、日本円にすれば5200万円程(※19/8/22現在)の価値があります。

ビットコインは通常の単位でも額が大きいので、このように補助的なmの単位を用いて表示されており、これを見れば出金上限はかなり高いと言えるでしょう。

これだけでも十分上限として高いので、大勝した場合でもすぐに引き出すことができる訳です。

実際、引き出そうと考えている方で、この上限を超えるような方はそうそういるわけでもないため、一般のプレイヤーが出金上限を超えてしまうということはないはずです。

ちなみに、ビットカジノの最低出金額は2mBTCとなっているため、少額の引き出しにも対応しているので安心です。

50BC以上の場合は分割になることがある

ビットカジノの利用規約には、50BC以上の引き出しをする場合に、支払いが完了するまで一週間で最大50BCずつ分割して支払う権利を有するというものがあります。

そのため、大勝してそれ以上の額を引き出そうと考えた場合、数日続けて上限額まで引き出すことができない場合があります。

出金するのに数週間かかることもあるので、あらかじめ心づもりをしておきましょう。

もちろん、あくまで権利を有するとなっているので、これをビットカジノが必ず行使するとは言っていないので、ケースバイケースです。

場合によっては、普通に問題なく出金できることもあるでしょう。

そもそも、そこまで高額な配当にお目にかかることはあまりありませんので、気にする必要はないかもしれませんが、大勝ちした時の為に、覚えておいて損はありません。

まとめ

Rin

以上のように、ビットカジノの出金は無制限ではありませんが、一般の人なら、いきなり上限金額に達することはあまり考えられませんので、事実上無制限と同視して考えても良いかもしれませんね。

出金手続きには、身分証の提示は原則必要ありませんが、不正を疑われた場合などは追加で書類の提出を求められることがあります

その場合は、運営側の指示に従ってください。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG