ビットカジノの気になる信頼性は?公平性や安定性を調査

本人確認不要

本人確認が不要で使いやすいビットカジノ

ビットカジノは、ビットコイン系オンラインカジノで、本人確認が不要です。

登録する際に本人確認が必要だと、書類を用意する必要があり、やはり手間がかかってしまいますよね。

本人確認が不要で、僅か15秒で登録可能なので、スピーディーに利用することができます。

2018年の日本は仮想ブームに沸きましたが、現在でも仮想通貨の人気は続いています。
そんな仮想通貨の中で、最も知名度が高い通貨が「ビットコイン」です。

ビットコインには様々な特徴がありますが、手数料が安く安全、かつスピーディーにやり取りができるというメリットがあります。

最近は、仮想通貨を使用できるオンラインカジノが増えていますが、2014年に世界で初めてビットコインを使うことを許されたのが、ビットカジノなんです。

ビットカジノはビットコインの取り扱い実績が豊富で、これまで培ってきた仮想通貨に関するノウハウがあり、信頼できるオンラインカジノとなっています。

セキュリティ技術が万全で使いやすい

ビットカジノはビットコインを使えるだけでなく、セキュリティも万全です。

仮想通貨専門のオンラインカジノとして運営を続けてきましたが、2019年4月1日から、日本円での入出金とゲームプレイができるようになっています。

ユーザーを対象にしたアンケートを行った際に、7割の人が日本円での入出金とプレイを希望していたため、日本円の追加が実現しました。

匿名性の高いビットコインを使って、ゲームプレイしたい人は多いです。

ビットカジノは、オンラインカジノ業界では唯一ビットコインをサイト内で購入することができますから、サイト内で購入したビットコインは、プレイヤーのアカウントに自動的に転送されます。

仮想通貨取引所ではないので、購入したビットコインはビットカジノのサービスで利用することになります。

仮想通貨の取り扱いでは「安全性」がとても重要ですが、ビットカジノは高い技術力を持ち、顧客のアカウントも厳重に取り扱っています。

ビットカジノは信頼性が高いので安心

ビットカジノはゲームをプレイする場合や入出金に関して本人確認が不要ですが、例外もあります。

入出金に関するデータは、全て提携会社により取り扱われています。

提携会社はマネーロンダリング防止対策を行っているので、不振なゲーム履歴や取引が発見された場合は、本人確認が必要になります。

ビットカジノは、信頼性の高さを誇るオンラインカジノだけあり、不審な取引が疑われる場合は徹底してチェックを行います。

本人確認が必要になった場合は、運転免許証やパスポートなどの身分証明書類と、住所確認ができる書類が必要になります。

住所確認ができる書類は、提出日から3ヶ月以内の住民票や、光熱費などの請求書、銀行取引明細書です。

また、ビットカジノのサービスやセキュリティ、確認書類について詳しく知りたい場合は、ライブチャットやEメールでの問い合わせができます。

まとめ

Rin

オンラインカジノと、スピーディーな入出金ができる「仮想通貨」の相性は抜群です。

ビットコインは、数ある仮想通貨の中でも使いやすく、ブロックチェーン技術が安全性を担保しています。

最近は、オンラインカジノに興味を持つ人が増えていますが、安全性を気にする人は多いです。

世界で初めてビットコインの使用を許され、豊富なノウハウを持つビットカジノは、信頼性が高く安全で、使いやすいオンラインカジノですから安心ですね。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG