ベラジョンのライセンスはマルタ共和国。その信頼性は?

ベラジョンカジノの信頼性は?

ベラジョンカジノはなぜ信頼出来る?

ネットカジノ業界最大手の1つであるベラジョンカジノには様々な人気の要因がありますが、その要因の1つに信頼性があります。

その信頼性を担保する要素として、審査が厳しいとされる日本のクレジットカード会社の入金に対応していることや、日本人ユーザーが多くサポート体制もしっかりしているという点、そしてその認証されているライセンスもベラジョンカジノの信頼性を表しています。

ベラジョンカジノは、「MGA」というマルタ共和国が発行するライセンスを得ています。

ライセンス

多くのオンラインカジノが採用しているライセンスは、マルタ共和国を始めジブラルタルやキュラソー島、フィリピンなどの国が発行しているものになります。

こうしたライセンスを発行する国の中で、マルタ共和国とジブラルタルは特に審査が厳しいことで有名であり、ここのライセンスを得ているという事は、信頼性という大きなステータスとなっています

なぜマルタ共和国は審査が厳しいの?

審査が厳しい

では、なぜマルタ共和国でライセンスの取得の審査が厳しいのでしょうか?

その背景にはイギリス政府が関係しています。

イギリス政府には、この国の認証を持っていれば、自国でそのオンラインカジノの広告活動をして良いという「お墨付き」を与えるリストを持っています。

その中には、マルタ共和国を始め、ジブラルタルなどの国などが含まれているんですね。

イギリスに認められていない国というのは、審査が比較的緩めで、ぶっちゃけお金さえ払えば認証してくれるという事がほとんどです。

つまり、きちんとしたオンラインカジノ会社に認証を与えなければ、カジノ人気が高いイギリス国内での広告活動ができないため、信頼出来る審査を行っている国であるという事をアピールするため、自然と審査基準は厳しくなります

世界的にも、その様な信頼性を勝ち得たマルタ共和国のライセンスは取得しようと思ってできるものではなく、既にそれを取得しているベラジョンカジノの信頼性は「非常に高いもの」と言えるんですね。

マルタ共和国の審査内容はどんなもの?

その厳しいと言われる審査内容は、具体的にどのような項目があるのでしょうか。

まず、カジノの運営会社に十分な経営能力や資金があるかどうかという点です。

経営体力が無く、配当金が滞る恐れがあるような所はまず通らないと思って良いでしょう。

ゲームの公正さを維持する仕組みがあるかという点も、厳しくチェックされます。

いわゆるイカサマが、運営側もユーザー側も出来ない仕組みづくりが確立しているかどうかを、現在の最新技術水準に照らし合わせて、細部までチェックしています。

さらにコンプライアンスの面や、マフィアなどとのつながりが無いかという点も徹底的に調査します。

マネーロンダリングの対象になる可能性があるため、そうした面も徹底的な聞き取り調査、財務調査などによって洗い出します。

これらの調査、特にそれぞれの項目を隅から隅まで目を光らせているマルタ共和国の認証を得ているベラジョンカジノは、安心して遊ぶことのできる優良オンラインカジノと言えます。

まとめ

Rin
ベラジョンカジノは、多くの人に楽しんでもらうために、ゲームの楽しさや利便性を追求するだけでなく、安全性や信頼性を高めていく活動や取り組みなどを欠かさず行っています。

まだオンラインカジノに不安を持っているので、安全性に不安が無い所で、何も考えず楽しみたい・・・、そんな人たちにもベラジョンカジノは安心してお勧めできます

 

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG