ベラジョンのライブバカラはハイローラー仕様が嬉しい!

ベラジョンライブバカラはハイローラー仕様

世界各国のカジノをライブカメラで中継

ベラジョンのライブバカラ

ベラジョンカジノのライブカジノでは、提携しているシンガポールやパリなどのカジノをライブカメラで中継し、チャットにより本物のディーラーとのおしゃべりや駆け引きを楽しみながら本格的なプレイが可能です。

その中でも最も人気となっているゲームのひとつが、ライブバカラです。

最も9に近い数字を当てるのはバンカーかプレイヤーか、あるいは引き分けなのかをオッズに応じて予想するだけの単純明快なルールで、初心者の方でも一攫千金を狙うのも夢ではありません。

ライブバカラは比較的短時間で結論が出るゲームであることから、お出かけ先でちょっとした時間があればスマートフォンで楽しむ方も増えています。

そんなベラジョンカジノのライブバカラがトップクラスの人気を誇っているもうひとつの理由が、ハイローラー仕様になっているところです。

どこまでもベットできるハイローラー仕様

ハイローラー仕様

ハイローラーとは高額な金額を豪快にベットするプレイヤーを表す言葉で、ハイリスクハイリターンを狙って勝負する大人の遊び方です。

一般的なオンラインカジノのバカラでは1回のプレイでベットできる金額は1ドルから始まって、多くても数百ドル程度と一定の制限があることから、真の意味で楽しむことができませんでした。

バカラの必勝法の中には、ベットする金額を徐々に増やして行く方法がありますが、上限がある場合はそれも途中で止めざるを得ません。

その一方で、ベラジョンカジノのライブバカラでは、1回に1000ドルや2000ドルを一気にベットすることが可能なハイローラー仕様です。

ハイリスクハイリターンの醍醐味を楽しめるのはもちろんのこと、あらゆる必勝法も利用できることから、多くのプレイヤーを満足させるものとなっています

無制限の出金で高額なペイアウトをその手に

高額なベットを行えるオンラインカジノはいくつか存在していましたが、そのほとんどは1回の出金額に加えて1ヶ月の合計額に制限があるため、全額を手にするには何度も煩雑な手続きを行わなければなりませんでした。

その一方で、ベラジョンカジノではライブバカラのゲームだけではなく、出金の手続きもハイローラー仕様で一切の制限が無いため、もしも一攫千金を実現できれば高額なペイアウトを1度の手続きでその手にすることも可能です。

ただし、Ecopayzやiwallet、ビットコインなどの一部の出金方法については、仕様のため1回あたりの金額に制限があるので注意が必要です。

それらを踏まえても、数あるオンラインカジノの中でも、出金額が無制限の方法が用意されているのはごく稀で、ベラジョンカジノが高く評価されている理由がここにあります。

まとめ

Rin
ベラジョンカジノが提供しているライブバカラは、1回あたりベットできる金額が高額で初心者の方からベテランの方まで満足できるハイローラー仕様が人気です。

出金方法も、一部の方法を除き、1回あたりや1ヵ月の制限も無いことから、高額なペイアウトを獲得した場合には、1回の手続きで全額を手に入れられるのも嬉しいところです。

 

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG