ベラジョンの出金上限を無制限に設定する方法

ベラジョンの出金制限を無制限に

ベラジョンはハイローラーには不人気だった

以前は、ハイローラーには不人気だったベラジョンカジノ

何故不人気だったのか原因についてご紹介したいと思います。

実は出金上限があったのが一番の問題です。 1日に2000ドルまで、1週間で5000ドルまで、1ヶ月で10万ドルまでと制限があったのです。

そのため、ベラジョンカジノは初心者向けと言われていました。

ベット額が大きなハイローラーにとってはかなり低い設定で、もしも高額ジャックポットに当たったとしても引き出すことができなかったのです。

慣れてくれば、一度に1万ドル賭けることも少なくありません。

つまり当たったらリターンも大きくなるということです。

なのに引き出せないのでは意味がないですよね。 こなれてきた人達にとっては物足りないなと感じてしまい、ベラジョンカジノ以外で遊ぼう、となってしまっていたのです。

出金上限は撤廃された

出金制限撤廃

ベラジョンカジノでは、2018年にハイローラーの獲得のために出金上限は撤廃されて、無制限で引き出すことができるようになりました

一度に大金を引き出されてしまうと、経営が傾きかねないという理由で、オンラインカジノでは通常出金上限を設けています。

その中でも、ひときわ出金上限が低かったベラジョンカジノが無制限にするという快挙に出ました。
しかも、プレイヤー側では特に何かする必要はありません

誰でも「無制限で高額の引き出し」を行うことができて、かなりお手軽に利用することができる様になったのです。

それだけではなく高額ベットができるハイリミットテーブルも設置され、本格的に利用できるように変わりました。
ライブバカラで1万ドル、ライブルーレットで75000ドル、ライブブラックジャックで15000ドルと上限がアップされたのです。

もちろん、今まで通り低い賭け金でも楽しむことができますよ。

入金にはまだ上限がある

実は、ベラジョンカジノは、まだ入金上限があります。

1回に入金できるのはたったの500ドルで、1日に最高で700ドルしか入金できません。
1ヶ月の上限はなんと2000ドルなので、かなり低めの設定です。

ハイローラーならミニマムベットで2000ドルも普通なのに、かなり低めの設定ですよね。

勿論、プレイし続けてランクも上げていけば入金上限も上がりますが、それまでにかなりの期間がかかってしまうのです。

そこで「入金限度額を上げる方法」をご紹介します。

ある程度の実績があるのであれば、カスタマーサポートに直接連絡するだけで、入金限度額を上げて貰えることがあります。

ヘルプから連絡するだけなので、結構簡単です。

メールとチャットを選ぶことができて、チャットならすぐに返信を貰うことができます。
簡単な一手間をするだけなので、ある程度のプレイ実績があるのであればオススメです。

まとめ

Rin
ハイローラーには敬遠されていたベラジョンカジノですが、近年では遊びやすいように大きく変わってきました。

出金上限、入金上限が厳しかったことを除けば、かなり高品質のカジノとして利用することができます。

登録ボーナスもあって、初心者でも十分に楽しく遊ぶことができます。

あなたも、是非一度楽しんでみてはいかがでしょうか。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG