ベラジョン入金限度額は決済方法で違うので要注意

ベラジョン入金限度額は決済方法で違う

ベラジョンが対応している決済方法

ベラジョンは、複数の決済方法に対応しているオンラインカジノです。

クレジットカードによる入金はもちろんのこと、ビットコインやエコペイズ、iwallet・ビーナスポイントでも決済を行うことが可能です。

様々な決済方法が用意されていますので、あなたの都合に合わせて利用しやすい形で入金を行うことができます。

オンラインカジノサービスによっては、クレジットカード決済が可能とされていても、デビットカードやプリペイドカードに対応していない場合があります

入金をしようとして対応していないことに気付いた、という経験がある方も多いでしょう。

しかしベラジョンなら、デビットカードとプリペイドカードにも対応していますから安心して利用することができます。

決済方法の対応内容が幅広くなっていますので、日本国内からでもストレスなく遊ぶことができるのです。

決済方法による入金限度額の違い

決済方法

ベラジョンで入金を行うなら、まずはそれぞれの決済方法による入金限度額の差を知っておきましょう。

入金限度額が低く設定されている決済方法を選んでしまうと、後から不便を感じることがあるかもしれません。

iwalletやクレジットカード、そしてビットコインでの入金は、千ドルが限度額とされています。

ビットコインなら、一回あたり5千ドルまでの入金が可能です。
ビーナスポイントは一万ドル、そしてエコペイズは二万ドルまでに設定されています。

少額の入金ならクレジットカードとiwalletが便利ですが、大きく賭けたい方や頻繁にプレイをする予定がある方には、物足りないかもしれません。

一度にたっぷり入金をして遊びたい、という場合にはエコペイズが最適でしょう。
決済方法による入金限度額の違いを確認し、最適な方法をチョイスしてください。

手数料と入金反映までの時間

オンラインカジノへ入金をする際、決済方法によっては手数料が必要となる場合もあります。

手数料の有無は決済方法で違ってきますので、事前に把握しておきましょう。

ベラジョンの場合、クレジットカード決済では2.25%、最大5ドルの手数料が必要となります。
エコペイズやiwallet、ビーナスポイントを経由した入金なら決済手数料は不要です。

いずれの方法を選んだ場合も、入金は即時反映となっています。

ビットコイン経由で決済する場合は、数十円程度の手数料が必要です。

実際の金額は、ビットコインのレートによって変化する形となっています。

反映にはややタイムラグがありますが、大体数分程度で完了するでしょう。
余計な費用をかけずにスムーズに入金したいという場合には、エコペイズやビーナスポイントが適しています。

まとめ

Rin
ベラジョンの入金限度額や決済方法の違いについて簡単にまとめました。

ベラジョンで遊ぶなら、使いやすい決済方法を選んでスムーズに入金を完了させたいものですね。

限度額の違いや手数料、反映時間などを比較した上で一番使いやすい決済方法を選びましょう。

ベラジョンには、ユーザーが自身で入金限度額を設定できる機能も備わっています

あまり遊びすぎないように注意したいという方は、この機能を活用すると良いでしょう。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG