ライブバカラで遊ぶならカジノシークレット!ルールを解説

ライブバカラならカジノシークレット

カジノシークレットの魅力とは

1200種類ものゲームが

カジノシークレットでは、ライブバカラなど、およそ1200種類ものゲームを楽しむことができます。

そしてカジノシークレットには、これまでのオンラインカジノにはなかった、様々な特徴があり、賞金やボーナスを独自の通貨ではなく、現金で貰うことができます

こうしたキャッシュバックの対象ゲームは、週替りで更新され、不定期のトーナメントが開催されるなど、様々な楽しみ方が可能です。

多くのオンラインカジノでは、賭けの勝敗とは関わりなくボーナスを貰うことができますが、ボーナスは独自の通貨で付与される為に、使用制限があるのが通常です。

しかしカジノシークレットの場合は、ボーナスも現金で貰うことができます

そのためゲーム前に自ら入金したお金と同じように、還元された現金を使うことができます。
またボーナスに出金条件はなく、直ぐに引き出すことも可能です。

ライブバカラなど様々なゲームを楽しめます

ライブバカラ

カジノシークレットでは、ライブバカラ以外にもスロットやルーレットなど様々なゲームがありますが、やはり魅力的なのはライブバカラです。

ライブバカラは、パソコンスマートフォンのどちらからも利用可能です。

バカラは、胴元とプレイヤーの勝敗を予想するゲームで、基本的なルールが簡単なので、とても人気があるゲームです。

観戦者の立場で、胴元とプレイヤーのどちらかの、「勝利する」と思われる方に賭けるだけです。

引き分けに賭けて当てると、高額配当を貰うことができます。

バカラでは、進行役がプレイヤーと胴元に2枚ずつカードを配って、最大3枚の合計数を競い合います。

勝負の結果、下1桁の数字が大きい方が勝ちです。 合計数の「9」が最強で、「0」が最弱になる単純なゲームです。

臨場感のあるゲームを楽しめます

バカラ

カジノシークレットのライブバカラでは、本場のカジノに参加している様な、臨場感のあるゲームを楽しむことができます。

バカラでは、配られた最大3枚のカードの合計数を競い合い、下1桁の数字が大きい方が勝利となる訳ですが、プレイヤーに配られたカードが「7」と「8」の2枚である場合、合計数は「15」なので、その下1桁は「5」です。

進行役が胴元に配ったカードも、同様に合計数を求めます。

バカラでは、カード2枚のスタンダードなパターンと、更にもう1枚。 つまり、3枚まで配られることがあります。

勝ち予想が的中した場合は賞金を獲得できますが、外れた場合は没収され、引き分けだった場合は、賭け金が払い戻されることになります。

バカラでは、ルーレットにおけるイーブンベットと異なり、引き分けの際に賭け金が没収されないというメリットが存在します。

勝敗を予想するだけの簡単なゲームなので、初心者でも気軽に楽しめるのが特長です。

まとめ

Rin
カジノシークレットでは、およそ1200種類ものゲームが用意されており、自分に合ったゲームを簡単に探すことができます。

その中でも、特にライブバカラは臨場感が高く、ルールが簡単ですので、誰でも気軽に遊べる魅力から、初心者にも人気がありますね。

またカジノシークレットには、ボーナスの使用制限や出金条件がないなどの特徴があり、ユーザーの利便性が良いことを含めて、快適に遊ぶことができるカジノです。

 

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG