日本語サポートがあるエルドアカジノの登録方法~スマホ編~

日本語サポート完備です

インターネット上に数多く存在しているオンラインカジノの中でも、エルドアカジノは日本人にとても人気のカジノです。
その理由は、日本語によるサポートが完全に備えられているからという点が大きいからだと言えます。

実際にオンラインカジノは、日本円を外貨に賭けてギャンブルを楽しむというサイトになっていますので、もしもサイトトラブルや出入金の遅れがあった時などに、「日本語でのサポートがないと不安だ・・・」という、外国語が苦手な日本人の方は大勢いらっしゃいます。

そんな方々でも、エルドアカジノなら日本語でサポートページに問い合わせできる様になっていますので、安心感が得られます。

本当に流暢な日本語なのかが疑わしい、と感じてしまうような方も少なくないでしょうが、日本人ユーザーからの評価は高いので、日本語対応に特に問題はないと言えるでしょう。

スマホでも登録できます

エルドアカジノはスマートフォンからでもサイトにアクセスできるようになっており、オンラインゲームもスマホ経由で遊べるのが特徴的です。

ユーザー登録もスマホから済ませられる様になっていて、登録方法は公式サイト上に日本語でも記載されています

 

簡単に登録方法の流れを説明すると、まずはTOPページの「会員登録」をクリックして、「会員登録」画面に入ります。

スマホTOP

 

そして、こちらのページで本名と住所、メールアドレスなどを入力後認証を済ませ、お金の出入金を行う際に必要な銀行口座の情報も合わせて登録し、更に反社会的な繋がりが無いことを証明するための項目をチェックした上で、入力を済ませるといった形です。

会員登録

エルドアカジノが指定した銀行口座でしか登録できないなどということはありませんので、海外送金が問題なく可能な国内口座をひとつでも持っているなら、新規で銀行口座を開設しなくても、登録手続きは終わってしまいますね。

登録者の意見も参考になります

エルドアカジノの登録方法は、公式サイトで公開されている流れに従えば完了しますし、登録した初日からお金を振り込むことも可能となっています。

しかし、初回登録に行き詰った時の、英語での説明が分からないという方もいらっしゃると思います。

その際には公式サイトではなく、既に登録している日本人がインターネット上に投稿した記事や書き込みなどを参考にすると良いでしょう。

意外なくらいに、参考になる意見が数多く見つかるからです。

またエルドアカジノでは、一度登録を済ませてしまえば、不明点を日本語によるサポートで教えてもらえるようになっていますので、面倒なのは初回登録くらいだと言えます。

まとめ

エルドアカジノ

Rin

エルドアカジノは、日本人ユーザーが非常に多いオンラインカジノに成長していますから、登録の手助けになるような情報も、すぐに見つかるのが特徴ですね。

日本語サポートがあるだけでなく、スマホでも登録から実際のゲームプレイまでに進めるというのが、エルドアカジノのメリットであると言えるでしょう。

日本語サポートがあると謳っておきながら、実際には翻訳ツールを使ったとしか考えられない様な、片言の日本語でしかサポートをしてくれないようなオンラインカジノも存在しています。

そう考えると、エルドアカジノの充実したサポートは、日本人にとって安心感のあるカジノだと言えますね。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG