決済方法で異なる!カジ旅の手段別入金限度額

カジ旅の入金限度額

カジ旅で用意されている決済方法

決済方法

カジ旅は、オンラインカジノで定番のクレジットカードに、電子決済のecoPayzVenusPointで入金できます。

このように、クレジットカード以外の入金手段があるので、使いやすい決済方法を選ぶことが可能です。

カード情報を教えるのが不安な人でも、ecoPayzやVenusPointを使えば、安全かつ便利にカジ旅が楽しめるようになります。

勿論、カジ旅は強固なセキュリティを採用しているので、クレジットカードも安心して使用できます。

いずれにしても、カジ旅の入金が安全で心配無用な点は、どの決済方法にも共通しているポイントです。

楽しく遊ぶためには、安全な入金手段が必要不可欠です。

その点カジ旅では、サイトのセキュリティ体制からも、不安なく遊び始めることができることが魅力です。 しかし、決済方法にはそれぞれに違いも存在するので、違いを理解した上で使う必要があります。  

手段で変わるカジ旅の入金限度額

入金手段

カジ旅には主に3種類の決済方法、つまり入金手段が用意されていますが、入金限度額もバラバラとなっています。

クレジットカードは1回あたり5000ドルまで入金可能で、他の決済方法よりも大きな上限です。

ecoPayzとVenusPointは2000ドルまで入金可能なので、クレジットカードなら1回でこれらの倍以上の入金が実現します。

ただ、限度額はあくまでも1回の上限であって、回数には制限が設けられていませんから、複数回に分ければより高額な入金も行えます

それでも、大きくベットして楽しむハイローラーの人には、この制限が面倒に感じられると思われます。

入金限度額は、桁を間違って入金してしまわないように設定されているので、こればかりは仕方がないといえるでしょう。

VIP待遇になれば、また違った利用条件で利用できますし、限度額が上がる可能性も十分にありますので、そちらも念頭に置いておくと良いですね。

カジ旅は安心快適に遊べる

決済方法別に入金限度額を設けているカジ旅は、プレイヤーに安心感を与えつつ、快適に楽しめる様に配慮しています。

1回の入金限度額5000ドルのクレジットカードは、多くの人にとって十分過ぎる金額ですし、2000ドルのecoPayzやVenusPointも、ハイローラーやVIPでなければ、特に困ることはないはずです。

金額が金額なだけに、入金額を間違えると大変ですが、カジ旅であればこれらの上限があるので、逆に安心です。

上限以上の入金は、複数回に分ければ簡単に実現するので、実質的にデメリットはなく快適に利用できることになります。

クレジットカードの種類によっては、入金が行えないケースもありますが、それはカードのブランドによるものです。

シェアの大きい世界的なブランドであれば、まず拒否される心配はないですから、安心して入金を済ませられます。

まとめ

Rin
カジ旅は、クレジットカードとecoPayzにVenusPointと、電子決済を含めた複数の入金方法に対応しています。

カードは5000ドル、ecoPayzやVenusPointは2000ドルの入金限度額があるものの、1回あたりの上限なので問題ないです。

複数回に分ければ、更に大きな金額の入金もできますから、余程のハイローラーでもなければ、取るに足らない制限と言えますね。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG