第三者機関によるオンラインカジノの審査について

チェック

公平な監査(審査)機関による定期チェック

オンラインカジノは厳しい「カジノライセンス」を取得していますが、例えライセンスを取得していても、各国のライセンス取得の審査を終えたら好き勝手に運営する様では困りますよね。

そんなことがない様に、ライセンス取得後の運営を監視する「第三者の認証機関(審査機関)」が存在しています。

カジノ運営図

第三者機関による監査の有無は、オンラインカジノ運営において法的に必須ではありません。

実際、「認証機関」の監査がなくても公平に運営されているカジノもありますが、オンラインカジノを安心して楽しむためにも、そうした審査機関がカジノをチェックしているのかは、私達も注意しておきたい項目の一つです。

関連記事

オンラインカジノの信頼性オンラインカジノを始める上で、最も気になるのが、その「信頼性」だと思います。つまりは、誰もが気になっているのが、カジノサイトは怪しくないのか?安全なのか?ってことです。こうした疑問と共[…]

テーブルリミットとは

「認証機関」について

eCOGRA(イーコグラ)

ecogra

eCOGRA(イーコグラ)」は、2003年に「プレイヤーの保護」のため設立された、オンラインカジノの公平性をチェックする非営利団体(NPO)です。

eCOGRAは、第三者の公平な立場からオンラインカジノに関する基準を設け、審査を行います。
この基準は非常に細かく多岐に渡っており、一例を挙げると

・常に公平なゲームを提供していること
・問題が起こったときに、迅速な解決を図っていること
・支払いをきちんと行っているか

などのオンライカジノのサービス対応や、その他の経営審査等も厳しいことで有名です。

eCOGRAによるチェックは「一度の審査では合格出来ない」と言われているほど厳しく、優良なライセンスを取得しているオンラインカジノでも落とされることもあります。

更に、新しい基準が定められる度に審査を受けなければならず、定められた基準を満たなくなった場合には、即認定を外されるほど、厳格な審査体制になっています。

また、eCOGRAの認定しているオンラインカジノでトラブルが発生した場合、eCOGRA(イーコグラ)に相談し、仲介に入ってもらうことも可能で、トラブル対応も非常に迅速です。

プレイヤーと運営者の間のトラブルは、eCOGRAによる的確なアドバイスで、平均48時間以内には解決しています。

継続的に厳しい審査を行っており、トラブル処理も早いeCOGRAの認定を受けているオンラインカジノであれば、安心してプレイが楽しめるでしょう。

GLI(Gaming Laboratories International)

gli

GLI(Gaming Laboratories International)」は、ギャンブル系における最大規模の審査機関です。

元は1989年にアメリカで設立されたゲーム審査機関「TST(Technical Systems Testing)」で、TSTが2010年にGLIグループ企業の一部に入って、現在の形となっています。

ラスベガスやマカオ等のランドカジノのペイアウト率の公表や、スロットマシンの検定、宝くじの監査なども行っており、カジノ関連機器・ロト・オンラインカジノのテスティング事業において、世界で9割のシェアを占めています。

その正確さは政府の審査基準としても採用されるほどで、「GLI基準」呼ばれており、

・ゲーミング機器がお金を正しく扱っているか
・RNG(乱数発生装置)のテスト
・自己規制プログラムが働いているか

等の審査の他、GLIの審査では、数多く設定された細かい基準をクリアする必要があります。

GLIの監査をクリアしたカジノであれば、まずイカサマの心配はないでしょう。

※ 代表的な認証機関は、上記の「eCOGRA」と「TST」になります。

iTech Labs(アイテックラボ)

itechlabs

iTech Labs(アイテックラボ)」は、品質保証やセキュリティテストなどのオンラインカジノやソーシャルゲームに対するテストサービスを提供し、10年以上に渡って幅広いオンラインゲームの認定を行ってきた、オンラインゲームの認定ラボラトリーです。

主に、乱数ジェネレータ(RNG)でのテストを行い、ゲームバランスが公平であるかといった点や、主として

・ゲームがルールをきちんと守ったものか
・ゲーム結果と勝利金額が公正なものか
・ゲーム機能が正しいものか

などの監査を行っています。

また、これまでにもオンラインゲーミングの人気ソフトウェア会社「NETENT」などのゲームをテストし、認定作業を行ってきた実績があります。

TuV compliant(テュフ コンプライアント)

tuv

TuV compliant(テュフ コンプライアント)」は、技術・安全・証明サービスに関する認証機関「テュフラインランド」が行う、コンプライアンス管理サービスです。

企業のコンプライアンステストや製品の安全試験・認証を行い、企業や製品の公平性や独立性等を、厳しくチェックしています。

また、監査や認証だけでなく、自動車や医療機器などの特に安全性が求められる製品の試験を実施したり、商品や工業に対する技術支援等も行うなど、幅広い運用実績があります。

本社はドイツにありますが、その拠点は世界中にあり、日本にも1978年に駐在事務所を開設しています。

GAMCARE(ガムケアー)

gamcare

GAMCARE(ガムケアー)」は、イギリスの民間団体で、主にギャンブルに関する悩みや問題を抱えている人々をサポートしています。

主にギャンブル依存に苦しむ人たち向けのカウンセリングや、アドバイスを行っていて、それぞれの相談を電話やメールで受け付けています。

オンラインカジノで、サイトの下部に「GAMCARE」のロゴが記載されているのを目にすることも多いと思います。

オンラインカジノの中でも、大手サイトとなる「ベラジョンカジノ」や「ウィリアムヒルカジノ」などが「GAMCARE」と連携しており、ギャンブル依存症対策や自己規制プログラムなど、プレイヤーのサポートにも、しっかりと力を入れているカジノサイトである事が分かります。

まとめ

Name

オンラインカジノでは、オンラインギャンブルの公正さや健全性、ゲームプログラムの安全性の確保のために、それぞれで独立した第三者機関による審査を受けています。

そうした「審査の内容」は、


・公正なゲーム性(出目のランダムさ、乱数発生が正常に行われているか)
・不正ソフトウェアの有無
・預金の安全性
・迅速で適正な支払いシステム

・各プレーヤーへのサービス体制
・健全なカジノ運営(※マネロン、犯罪者との関わり等)


など、多岐に亘ります。

安全なカジノであるかを見極める為には、「不正なソフトウェア」を扱っていないかも重要なポイントです。

オンラインカジノ同様、提携ソフトウェア会社が、ライセンスや第三者機関の認証を受けているかを確認するのも有効です。

私達も、オンラインカジノを利用する際には、ライセンス取得は十分に確認しておきたいですし、よく分からない方は信頼できるランキングサイト等の情報を、しっかり確認して下さい。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG