2014年オープンのカジ旅の信頼性|不正・チート一切なし

カジ旅に不正はありません!

新しいオンラインカジノです

カジ旅

2014年からサービスをスタートさせた、比較的新しいオンラインカジノのひとつがカジ旅です。

ルーレットやブラックジャック、バカラなど、実店舗型のカジノでできるギャンブルだけでなく、RPGゲームのような感覚で遊べるようになっているギャンブルが、数多く取り揃えられているというのが、他のオンラインカジノにはない特徴になっています。

カジ旅では、ゲームを進めていく内に登場してくるボスキャラクターを倒していくごとに、報奨金がアップしていくといった、極めて珍しいシステムが組み込まれています。

日本の昔ながらのRPGゲームが好きだった方なら、高い満足度が得られる魅力あるカジノです。

最初にアバターを選んで、他のプレイヤーとゲーム内での交流が持てるという部分も、オンラインゲームに近いシステムがとられていると言えるでしょう。

信頼性はかなり高いです

カジ旅はmgaライセンス取得カジノです

カジ旅は、北欧のカジノ愛好家が基幹を開発したとされている、珍しい経歴を持ったサイトです。

しかし安全性や信頼性に関しては十分高いレベルで保持されており、国際的なカジノライセンスを取得していますし、第三者機関の継続した審査も経ていますので、不正やチートなどといった、運営側にギャンブルが有利になるような要素は一切ありません

カジ旅では、どんなギャンブルでも公平に遊べる様に、運営制度を整えていますし、審査が厳しいマルタ共和国運営のカジノライセンス(mga)も取得しているので、経営状態や管理体制も万全だと言えます

更にロンドンで行われた、ゲーミング業界における様々な功績を称える、「プロダクトオブザイヤー2018」で受賞している実績もあります。

怪しい組織と繋がっている会社や、反社会的な団体と繋がりを持つ運営元では絶対に獲得できない賞なので、運営会社の透明性も高いと言えるのです。

ボーナスも豊富になっています

ボーナス

カジ旅では、初回入金ボーナスライブカジノ限定ボーナスなど、様々なプロモーションを、プレイヤーに提供しています。

例えば、無料スピンが最大で50回可能となるサービスをプレゼントしてくれるなど、他のオンラインカジノと比べても、その特典の数が多くなっているのです。

ボーナスが豊富だということは、直接ギャンブルに勝てなくても、勝負する上で確率が上がり、収益が得やすいということ。

ですから、オンラインカジノに興味がある反面で、頭を使ったギャンブルに勝つ自信が無いという方でも、カジ旅なら何らかのキャンペーンやボーナスにより、利益が出る可能性が高くなっています

オンラインカジノの初心者の方が、熟練者向けのサイトでギャンブルを行う前に、「腕を磨く場」としても、カジ旅は最適なんですね。

カジ旅では、初回入金ボーナスに関しては、ゲームをを一切行わなくても引き出せますので、リスク無しで獲得できます。

まとめ

Rin
カジ旅は、運営年数がまだ若いというだけで、信頼性も安全性も高く、業界からの評価も十分に得ています

しかもボーナス自体が豊富で、魅力あるゲームが盛りだくさんですから、気軽に楽しみながらプレイができるはずです。

非常に魅力的で、他のカジノにはない、RPGゲームの要素をふんだんに絡めた、異色のオンライカジノ! 

ゲーム世代で、RPGもオンラインカジノもじっくり楽しみたい方には、男女を問わずぴったりのカジノだと思います。

当サイト限定入金不要ボーナス情報

  1. ベラジョンカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    キュラソーライセンス&ロンドン証券取引所上場企業運営のオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  2. ワンダーカジノ:30ドル入金不要ボーナス
    出金限度額1億円と、入出金時間最短30秒を誇るオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、30ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
    ※ 2020年1月27日(月)にて終了致しました。
  3. エンパイア777:20ドル入金不要ボーナス
    ライブカジノにも強く、バカラやルーレット等を楽しむ方にも最適なカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、20ドルの入金不要ボーナスを頂きました。
  4. カジ旅:40ドル入金不要ボーナス
    RPGの要素を備え、スロットに強い、魅力的なオンラインカジノです。
    当サイト経由の登録限定で、40ドルの入金不要ボーナスを頂きました。

入金不要ボーナス一覧
>CASINO7-カジノセブン-

CASINO7-カジノセブン-

【責任あるギャンブル】

オンラインカジノを含むあらゆるギャンブルをされる方は、ギャンブルには依存リスクがあることを忘れない様にしてください。ギャンブルはエンターテイメントの1つであり、手っ取り早くお金を稼ぐ方法ではありません。

2018年7月20日に成立した「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)には、日本人のカジノ施設への入場限度回数は週3回、月10回までと定めているように、依存症対策については、現在も厳しく制限されています。

負けを取り返すことに熱中するのではなく、定期的にアカウントの入出金額をチェックするなど心がけ、健全なギャンブルをお楽しみ下さい。

              

CTR IMG